妊娠・出産・育児の情報サイト


3回食モリモリ息子にとっては試練の時・・・!下痢の治療のための絶食で悪戦苦闘

f:id:akasuguope02:20151026195920j:plain

息子が間もなく1歳になる頃。夏風邪から胃腸をこわし、下痢になってしまいました。

病院に連れていくと、「下痢は治りにくいからしばらく絶食させてください」とのこと。あげていいのは母乳やミルク、牛乳などの水分だけでした。

下痢止めが処方され、「しばらく薬を飲むと、コロコロとしたウンチが出てその後元のウンチに戻りますから、その後、離乳食を少しずつ元に戻していってください」と言われました。

その頃、3回食をモリモリ食べていた食いしん坊の息子。ご飯をあげないでいると、やはり泣いてご飯を欲しがりました。

母乳やミルクをあげても、水分だけではやはりお腹はふくれず泣き続ける始末。

遊んであげたり、抱っこしてベランダに出たりと、気分転換させてごまかす日々。

それでも、相手をしている時以外は機嫌が悪く、夜中に何度も起きてはおっぱいを欲しがりました。

 

そして、3日ほどでころころウンチが出たので、これで元通りのウンチになるだろうと思っていたのですが、どろっとした形状のウンチしか出ません。

「まだ下痢なのか…」と思い絶食を続けたのですが、数日経ってまたころころウンチが出たもののやはりウンチはどろどろのまま。

そうして、10日近くも絶食が続いてしまいました。

元々痩せ気味の息子のお腹が痩せこけてしまい不安に。

考えあぐねていると、「元通りのウンチっと言っても、水分しか摂ってないのだから以前のような固体のウンチが出るわけないのかも」と思えてきました。

 

そこで、ウンチが入ったオムツを持って再度病院を受診することに。

すると、「これなら大丈夫なので、離乳食を再開してください」との言葉。

それにしても、医師がもっと丁寧に説明してくれれば、こんなに長い間絶食させなくて済んだのにとうらめしい気持ちもありましたが、離乳食を再開できる安心感でいっぱいになりました。

 

あとからネットで調べると、下痢の時の絶食による治療は医師によって賛否両論あるみたいですね。

でも、絶食で下痢が治ったという実際の声も多く、うちの息子もこの後はぴたりと下痢が止まりました。

f:id:akasugu:20150428090437j:plain

著者:フムフム
年齢:42歳
子どもの年齢:2歳

40歳でママ1年生となった遅咲きママ。仕事はフリーライター。
得意ジャンルはグルメで、特にスイーツとパンの情報に敏感。子育て最優先で、新店になかなか足を運べないのが悩みの種。手ごねのパン教室に通い、家ではGOPANでパン作りを楽しむ。趣味は食べ歩き。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。