妊娠・出産・育児の情報サイト


ハイハイから一人歩きへ。子供の成長に日々びっくりです。

f:id:akasugu_ccw:20150821141021j:plain

娘は生後2カ月で寝がえりをしたのを皮切りに、ハイハイ、お座り、つかまり立ち、伝い歩きと平均より1ヵ月から2ヵ月早くマスターしていきました。

「将来はオリンピック選手か!?」と夫婦で心配(?)していたのですが、伝い歩きから先が中々進まなかったのです。

 

「うちの子なかなか寝がえりしなくて心配だわ」と言っていたママ友の子が次々とヨチヨチ歩きだす1才を過ぎた頃になっても、フンフンと鼻息を荒くハイハイの娘。

少しの時間一人立ちをしたり、ようやく3歩くらい足が出る程度です。

 

ハイハイは滅茶苦茶早いし、家の中では伝い歩きと洗濯カゴをグイグイ押して進んだり、私と手をつないで歩くので全く移動に困っていないからだったかもしれません。

歩きたい時は物やオカアチャンに頼ればいいし、普段はハイハイの方が速いし、楽だし、なんで歩かなければならないの?と言わんばかりです。

 

毎日活発に動いているので発達という点ではそこまで心配はしていなかったのですが、やはり、親としては少し歩くことにも興味を持って欲しい。

しょっちゅう手をつないで連れまわされるのも大変。

 

 

そんな頃、陽気も良かったので気分転換にと靴を履かせえて公園で手を繋いでみたところ、娘歓喜。

いつも、抱っこやベビーカーで通り過ぎるだけだった場所を歩けることに感動したようです。

それからは日々アンヨの練習に励みだし、1歳2カ月頃になると、ほぼハイハイをしなくなりました。

 

歩くのが下手だった頃は、手を繋ぐことをしょっちゅう要求されて、面倒だなと思いましたが、一人で歩けるようになるとこんどは用済みとばかりに手を繋ぐことを拒否。

勝手な話ですが、そうなると、ハイハイが懐かしい。

フンフンフンフンと手足を使っていた姿をもう見ることができないのかと思うと切なくて堪らなくなりました。

しかし、まだまだ歩行初心者で、お尻を振りながらガニマタでヨチヨチ歩く姿はそれはそれで可愛いです。

いつまで見せてくれるのかしら?

目に焼き付けよう、そう思っています。

f:id:akasugu_ccw:20150820152425j:plain

著者:ととん
年齢:32歳
子どもの年齢:1歳3ヵ月

読書が好きなママです。週一で図書館に通っていますが、そろそろ子どもがあるきたいざかりに突入していて、ゆっくり本を選べません。これを乗り越えれば絵本に興味をもって一緒に読書を楽しめる筈と信じています。子どもがお昼寝中のおやつタイムも至福です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。