妊娠・出産・育児の情報サイト


「それでは皆さん、おっぱいを見せてください〜」 母乳教室は不思議な空間

f:id:akasuguope02:20151027102035j:plain

1人目の妊娠中、マタニティヨガ、ストレッチマーク予防のためのマッサージ教室、産院での母親学級など、さまざまな教室に参加しました。

それぞれ勉強になったし、とても楽しかったのですが、最も興味深かったのが、ベビー用品のメーカーが行なっている「母乳教室」でした。

中期〜後期の妊婦さんが10人ほど集まり、プロの助産師さんに産後母乳育児について教えてもらう「母乳教室」。

当時は自分が母乳を出すなんて想像もできなかったので、何か学べるといいなと参加してみました。

 

まずは、助産師さんが母乳の仕組み、母乳にいい食べ物などを解説してくれます。

母乳は血液からできている」という基本的なことも知らなかったので、「へぇ」と関心したものです。

参加していた人たちは、妊娠週数が同じぐらいで、予定日は真夏。

赤ちゃんは湯たんぽみたいに熱いから、夏の母乳育児は大変」、「熱を持ちやすいから乳腺炎になりやすい」という話を聞き、みんなビビりながらも、心の準備をしていました。

 

そして後半は、助産師さんが、おっぱいをたくさん出すための母乳マッサージを教えてくれました。

「それでは皆さん、おっぱいを見せてください〜」と明るく指示する助産師さん。

ひとりひとり、おっぱいをチェックしてくれました。

ちなみに私は「乳首が陥没ぎみなので、赤ちゃんが吸うのが大変かも。マッサージを頑張ったほうがいい」と言われました…。

それぞれおっぱいも乳首も形が違うし、中には助産師さんがちょっとおっぱいを触っただけで「もう初乳が出た!」なんて人も。

みんなでその方のところに集まって、初乳を見せてもらいました。

今冷静に考えると、みんなでおっぱいを丸出しにしてチェックし合うなんて、かなり変な光景ですが、ママになる人はみんな必死。

目前に迫った初めての育児を前に、恥ずかしいなんて言ってる場合じゃない!のです。

 

その日は、妊娠中からできるおっぱいマッサージを習い、乳首が陥没ぎみの私は、乳頭吸引器なるものを教えてもらい、帰りに購入しました。

こうして出産まで、マッサージ&乳頭吸引を繰り返し、母乳育児に備えたわけです。

 

ところが、いざ出産して母乳を初めてみると、私のおっぱいの分泌&形はそんなに問題ないけど、娘が吸うのがものすごく下手で…。

吸うこと自体が疲れるのでイヤらしく、まだ飲んでもないのに、おっぱいを口には加えながら寝てしまう、ということを繰り返していました。

「これでは体重が増えないから心配」ということで、搾乳したおっぱいとミルクを哺乳瓶で飲ませる作戦に。

哺乳日は吸いやすいようで、結局そのまま混合栄養で、ほとんどおっぱいは吸ってくれませんでした…。

私も特にこだわりはなかったので、まぁいいと言えばいいのですが、せっかく母乳教室で学んだことをほぼ生かせませんでした(涙)。

ただ、「これから母になるんだ! 頑張ろう!」という気持ちは高めることができたので、こういった教室への参加は、とてもおすすめです!

f:id:akasuguope02:20151022120940j:plain

著者:野々山幸
年齢:36歳
子どもの年齢:3歳3カ月(娘)&1歳1カ月(息子)

ライター。芸能インタビューから美容・健康、恋愛、結婚、育児に至るまで、『女性が興味のあること』をテーマに書き続けて早15年。この4月から子どもたちが保育園に入園。2人育児と仕事の両立にてんてこまいな日々。写真は、子どもたちが生まれた時の体重&身長サイズの“おしんこけし”です★

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。