妊娠・出産・育児の情報サイト


理想の病院&先生を探して!小児科のかかりつけ医をきめるまで

f:id:akasuguope03:20150810165423j:plain

長女を出産してしばらく後、最初の課題にぶつかりました。

それは「かかりつけ医を決めること」でした。

 

主人の転職により地元にUターンした後の出産だったため、幸いにも両親の住む地元での出産となりました。

父の仕事の都合で幼少期には転校を繰り返していた私としては、ここはほかのどこよりも長く住んでいます。

しかし小さいころからずっと住んでいるわけではないので、近くにそういった育児関連のことを相談できる友人もいなければ(仲の良かった子はすでにこの地を離れています)、母以外にこの地に詳しい人を知らない状況で、小児科選びにも大変苦労しました。

 

幸いにも、出産時の入院中にお世話になった看護師さんからの助言で「ここの小児科はいい」「あそこはだめ」(あくまで個人の意見ですが)と聞いていたので、そのアドバイすも含めつつ、改めてかかりつけの小児科を探すことにしました。

 

長女の1か月健診は実家からほど近い小児科でお願いしました。

初診でも予約が必要で、さらに予約をして行ったにもかかわらず、結局検診が始まったのは受付から2時間後。

新生児ということで別室待機だったのは良かったのですが、あまりの待ち時間の長さ(予約した意味がない!)と、看護師さんの無駄話に辟易し、「ここには二度と来るまい」と決意を固めたほどでした。

 

実家での新生児期を終え、自宅に戻ってからは、距離の近さと近所での評判の良さとで小児科を決めました。

人気の小児科で、予約の甲斐あってか待ち時間等の長さはさほど苦にならなかったものの、小児科医の母親を見下す態度が耐えられませんでした。

結局、3ヶ月検診とその後の発熱や発疹で2~3度診ていただいたきりで、やめてしまいました。

 

小児科を決めるには、まず第一に、対子供への接し方、治療方針を第一に決める必要があると思います。

それに加えて、付き添う母親自身の小児科医との相性も、良く見極める必要があると感じました。

その後、1つ別の小児科を挟みましたが、現在は自宅からは少し離れたところにある別の小児科で落ち着きました。

 

こちらの小児科に決めた理由としては、

1.子供と目線を合わせてくれること(子供への接し方に愛があると感じられる)

2.母親の話をきちんと聞いてくれる(先の小児科医は上から目線+話を聞いてくれず、「こういうことでしょ?!」と決め打ちで話を進める)

3.クリーンタイム・隔離室がある

4.医院のスタッフさんが明るく親切(電話での応対も良い)

といった点。

 

次女は産後の1か月健診からこちらにお世話になっていて、これまでの対応から見ても、こちらに決めてよかったなと思うことが多いです。

 

子供のかかりつけ医を決めるには「近いから」「空いてるから」などといった様々な要因があると思いますが、まずは頻繁にある予防接種や検診で色々な小児科へかかってみて、子供はもちろんのこと、母親自身にも「合う」ところを探すのが良いと思いました。

今、2人の娘たちは先生の顔を見るなりギャン泣きですが、それもこれも先生に慣れてきたからだと、診察の度に我が子を抱えつつ思う私です。

f:id:akasuguope03:20150810170411j:plain

著者:mar13
年齢:31歳
子どもの年齢:7か月、2歳1か月

夫の転職を機に、自身の故郷へUターン。その後半年で長女を妊娠&出産。8カ月でミルクへの切り替えが成功、「やったー!ようやく酒が飲める!!」とバンザイしたのもつかの間、あっという間に次女妊娠。昨年末に出産して、怒涛の年子育児ももうすぐ8か月に突入です。離乳食ももぐもぐ食べるようになった次女と、お箸の練習中の長女、どたばた子育て真っ最中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。