妊娠・出産・育児の情報サイト


男ってやっぱり役に立たない!?おどおどするばかりの主人にガッカリ

f:id:akasuguope01:20150929145409j:plain

次男の出産の際は、迷わず長男を出産した助産院に決めました。

理由は、長男の時とっても感動的な出産だったことと、分娩室がない助産院だったからなんです。

そう、そこの助産院は分娩室がありません。

入院する部屋のベッドで出産するスタイルなんです。 

この部屋のベッドで出産できるというのがいいんです。

だって、陣痛が来ているときに廊下を移動したり、出産後部屋まで戻ったりすることがないので、楽チンでしょ。

 

破水した私は出産前日から入院をしていました。

そして、朝になると陣痛がスタート。

私は主人に「なんか腰が痛いから、先生呼んできて」と頼みます。

主人は部屋を出たかと思うと、すぐに帰ってきます。

「先生の居場所が分からない」とのことです・・・。

私は少しガッカリして、自分で先生を探しにで行くことにしました。

陣痛が始まってから移動しなくていいというのが魅力の1つなのに、何もなりません。

大きなお腹をさすりながら、やっとの思いで先生を見つけ部屋に戻ると・・・

主人は、何もしていません。

長男を抱っこして、ただ椅子にじっと座っているだけなんです。

私はたまりかねて「お父さんやお母さんには連絡したの?」と尋ねました。

残念ながら、主人からの答えはNO。仕方なく、腰をさすりながら、自分の実家に連絡をしました。

お義母さんは、ファミリー出産で立ち会う予定になっているのですが、主人は連絡をしようとしません。

「お願い、産まれちゃうかもしれないから、連絡して!」

これから出産というのに、私の心はグッタリしちゃいました。

 

いよいよ産まれる!となった時です。

先生が主人に「奥さんの枕元に行ってください。」と指示を出しします。

段取りでは、枕元に座った主人が私を後ろからサポート。

主人の手をしっかり握って、出産、という流れなんです。

これは長男の時と同じはず。

なのに、主人は、「え?え?ここ?」とまごついています。

すぐにでも産まれてきそうなのに、何をモタモタしてるんだろう、と怒りが込み上げます。

主人はなかなか枕元へ座りません。

ただでさえ、陣痛がビリビリと来ているのに、主人がこないもんだから、私は頭を宙に浮かせた状態のまま・・・腹筋が~~。

1分程度だったと思います。

しかし陣痛中の私には、どれだけ長い時間だったことか。

お義母さんも立ち会っているんですが、構ってられません。

「痛いよっ!!」と、主人を思いっきりにらみつけてしまいました。

 

そうして主人がどうにか座って、次にいきんだ瞬間、次男は産まれてきました。

主人はその後3日間ほど、肩が痛いと言っていましたが、「そのくらい、いいじゃん。」と内心私は思っていました。

それにしても、出産のときの男ってのは、ただ、オロオロするばかりでなんの役にも立ちませんね。

f:id:akasuguope02:20151030134219j:plain

著者:きょう
年齢:34歳
子どもの年齢:4歳と1歳

2人の息子を育児奮闘中の母ちゃんです!毎日、毎日、ドタバタと騒音の中で目が回るような生活を続けております。一体平穏な生活はいつになることやら・・・。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。