妊娠・出産・育児の情報サイト


強烈な痛みを伴ったおっぱいトラブルを経験!それでもいざ断乳すると思うと寂しい

f:id:akasuguope02:20151102091312j:plain

産後小さなおっぱいトラブルは何度もありましたが、強烈な痛みを伴ったものが2度ありました。

 

1度目は出産して授乳を始めたばかりの時でした。

私がお世話になっていた産院は母子別室で、入院中は朝8時から夜20時まで3時間ごと計5回授乳室で授乳をし、産後の体を休ませようという方針だったので深夜の授乳は看護師さんにお任せ。

ただし、深夜にも授乳したい人は決められた時間に授乳室に行き、授乳をすることができました。

出産して3日目のことでした。

夜の授乳を終えて23時頃までベッドでゴロゴロし、そろそろ寝ようと思った時のこと。

胸にこれまで経験したことのない痛みを感じました。

胸がパンパンに張って硬くなり、横向きになろうと思っても、胸がちょっと何かに触れるだけでものすごく痛くて動くことができません。

調べてみると、産後どんどん作られていく母乳に対して、赤ちゃんにうまく飲ませられないとか、赤ちゃんも初めてのことでうまくおっぱいを飲むことができなかったり、飲みながら疲れて眠ってしまうなどの結果、作られる量に比べて出ていく量が少ないため胸がパンパンに張ってしまうのだそう。

とにかく痛くてどうしようもないし、胸部分が熱を持っていたので、ナースセンターに行って授乳ができるか聞いたところ、たった今ミルクをあげてしまったところだというお返事。

胸が痛くて寝られないと伝えると、脇の下のリンパのところにあてるといいよと渡されたのが保冷剤でした。

部屋に戻って言われた通り保冷剤をあてると胸の熱で保冷剤がどんどん溶けていきましたが、痛みは幾分和らぎ、ようやく睡眠に入ることができました。

入院中に保冷剤を借りたのは1回だけでしたが、深夜に胸の張りがあったので部屋で搾乳をして(搾乳に慣れてないので、ほんの少ししか搾乳できませんでしたが)、次の日の授乳時に飲ませていました。

退院してからも、授乳のタイミングが少しずれただけで胸が張って熱を持ってしまい、保冷剤のお世話になることが幾度かありました。

産後何ヶ月かは外出した先での授乳室の有無と場所は必ず確認は必須です。

 

2度目の強烈な痛みは、産後1ヶ月半で用事があり息子を1日中家族に預けた時のこと。

ほぼ完全母乳で育てていましたが、哺乳瓶もくわえてくれる子だったので1日息子を預けることに関しては心配していませんでした。

しかし、再び私の胸に問題が起こりました。

それまで毎日3時間に一度のペースで授乳していたので、1日中授乳をしないというのは初めてのこと。

外出先で、時間の経過とともに胸が張って痛くなり、トイレに行くたびに少しずつ搾乳していましたが、ゆっくり入っていられるトイレではなかっため少量しか搾乳できず、搾乳後数分で胸が張って痛くなるという繰り返し。

息子と離れて12時間以上が経った頃には痛みで意識が遠くなり、帰りの電車の中では痛みに加えて吐き気まで感じるほど。

朦朧とした意識の中で帰宅し、痛みに耐えながらお風呂に入って硬くなったおっぱいをほぐし、寝ている息子の授乳タイミングを心待ちにして授乳できた時は、少しずつ緩和されていく痛みと、ほっとする気持ちとで泣けてきました。

その後は深夜にいつものように幾度かの授乳をし、次の日には胸の痛みも張りも落ち着いたので病院には行ってませんが、友人にこの話をすると、「よく乳腺炎にならなかったね」と言うので、たぶん乳腺炎の一歩手前だったんだと思います。

 

現在我が子は1歳になり、いまだに深夜に1~2回ほど授乳をしていますが、この授乳をしないと朝少し胸が張る感覚があります。

痛みとしては、息子を抱っこして胸が抑えられると痛みを感じる程度です。

最近は、3食ちゃんとごはんを食べているし、1歳になったし、私が朝までちゃんと寝たいし、そろそろ卒乳させたほうが良いかと思い、情報収集をしていました。

その中に、断乳を決めたらおっぱいが飲みたくて子どもが泣きじゃくっていたとしても母乳は与えずガマンさせると3日ほどで断乳できるとあり、一度試してみましたが泣きじゃくる我が子を放っておくことができずすぐに断念。

友人の経験談としては、1歳になった息子がおっぱいを飲みながら乳首をかんできて、それが血が滲むほどであまりにも痛いので、無理矢理断乳しようとしたところ壁に頭を打ち付けながらおっぱいが飲みたいと泣きわめいたそうです。

 

卒乳断乳に関してはいろんな人がいろんな意見を持っていて、「子どもがおっぱいを認識すると、もっと離れられなくて卒乳が大変になるらしいよ」と言われることもありますが、「飲みたくなくなるまで飲ませようと思う」という意見もあり、息子もまだまだ離れる気はなさそうですし、最近は自然に離れるまでは待ってもいいかなと思うようになりました。

それに、出産して3時間に一度起きて授乳したり、外出した先で授乳室を血眼になって探したり、張って痛かったり、あんなに大変だった授乳ですが、いざもうすぐ終わると思うと寂しいものです。

卒乳のことはこれからゆっくりと考えていこうと思っています。

f:id:akasugu:20150427141833j:plain

著者:やまとも
年齢:36歳
子どもの年齢:1歳

結婚5年目に入った35歳で初めての妊娠・出産。10年以上フリーペーパーの編集をしていましたが、妊娠を機に退職し、現在は日に日にヤンチャになっていく男の子の子育て奮闘中。妊娠中食べづわりで体重が増えてしまい、現在あと3kgがなかなか減らない。産後5ヶ月から息子を連れて通っているストレッチ教室が何よりの楽しみ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。