妊娠・出産・育児の情報サイト


ぶっちゃけ出産にかかる自己資金は? 大切なのは病院選び!

 

f:id:akasuguope03:20150826161258j:plain

身近な友人が出産をしても、いくらかかったの?と、費用の話までは聞けませんよね。

だから私も初めての出産のときは、費用がいくらかかるのか、わからずにいました。

 

まず驚いたのは、保険がきかないということ。

妊娠は病気ではない。つまり、全額自己負担なのだと知りました。

妊婦さんならだれでも、国からの出産一時金で42万円支給されますが、それ以上にかかった金額は自己負担でした。

選ぶ病院次第で、出産にかかるお金もかわってくるのです。

 

私自身がインターネットなどで、いくつかの病院で出産費用を調べてみたところ、50万~60万円の病院が多かったです。

出産一時金の42万円を引いて、自己資金は10万~20万円くらい必要になるかなとイメージできました。

 

それから、候補の病院を3~4か所くらい選んで、費用を問い合わせてみました。

そうしたら費用の目安がわかる表をもらえたので、どれくらいお金がかかるのか、比べることができました。

 

わざわざお金のことを聞くなんて恥ずかしいかな…ともちょっと思いましたが、でも、お産のときには費用の心配なんてしていられませんからね。

あのとき、事前に調べておいてよかったなと思っています。

 

料金の違いは、個室と大部屋、どっちを選ぶかで変わってきます。

個室のほうが静かで安心できそうだなとも思いましたが、予想通り、個室は費用が高かったのでやめました。

でも、個人的には大部屋に入院してもさほど気にならなかったので、節約できてよかったです。

 

美味しい料理を出すサービスがある病院も、ちょっぴり費用が高かったです。

入院食も楽しく食べられるならいいなと気になりましたが、ここは我慢して貯金をしようという気持ちがあったので、リーズナブルな病院に決めました。

 

それと、あとになって気づいたことは、入院費用が必要になったことでした。

大部屋で、特に贅沢な入院生活はせずに78000円が入院費として請求されました。

体調には異常がなく、産後7日間での退院です。

もし赤ちゃんや私自身になにかあったら、もっともっと費用がかかっていたのかもしれません。

 

自分がどんなお産をしたいのか、どんな入院生活を送りたいのかということで、選ぶ病院も費用も変わってきますね。

f:id:akasuguope03:20150820142029j:plain

著者:ミホ
年齢:33歳
子どもの年齢:1ヶ月

昨年の11月の結婚式の2日前に妊娠が発覚し、結婚・妊娠と人生のメインイベントを短時間に経験しました。旦那様は3歳年下で、男の子が欲しいと希望していました。実際にはかわいい女の子が産まれてきてくれましたが、旦那様もすでにメロメロ。家族が3人になりたての新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。