妊娠・出産・育児の情報サイト


陥没乳頭も1つの個性!叱咤激励されつつも、ちゃんと母乳育児できました

f:id:akasuguope01:20150910173147j:plain

赤ちゃんを育てるには絶対に母乳がいい!

出産前からその思いは人一倍強かったんです。

でもこんなに強く思っていても、母乳育児をすることに自信が持てませんでした。

それは私のおっぱいの問題なんです。

私のおっぱいはいわゆる陥没乳頭でした。

初めての出産で、不安なことだらけ。

その上、陥没乳頭であるということが重くのしかかってきて授乳のことを考えると毎日が不安でした。


助産院での出産でしたが、そこは完全母乳の推進派。

出産前から助産師さんに相談し、乳首マッサージをしましたが私の乳頭は頑固でなかなか出てきません。

本当に大丈夫なの?と思いながらも出産の日がやってきました。

初めて対面した我が子を見ると本当にかわいくて涙が出ました。

でもそれと同時に「こんなおっぱいでちゃんと飲めるのかな?」ということも考えました。

当然、最初の日から授乳は始まります。

必死に私のおっぱいに吸いついてくる我が子を見て、どうして私のおっぱいはこうなんだろうと何度も泣きました。

それでも私の乳頭は陥没したまま…。

挙句の果てには乳首が切れてくわえられると激痛が走りました。

助産院の先生からは、「吸わせないことには前に進めませんよ。」と叱咤激励され、情けない気持ちでいっぱいになりました。

結局助産院に入院している間はろくに授乳もできないまま退院となりました。

 

不安だけを抱えて出産後、実家に帰りました。

いっぱいいっぱいだった私は母に陥没乳頭のことを話すと、「陥没乳頭だからって、この子に対して申し訳ないと思わなくてもいい。」と励ましてくれました。

陥没乳頭も1つの個性だと思いなさい、と。

そして「こんな道具もあるのよ。」と母は乳頭保護器を渡してくれました。

本当は乳頭が授乳で切れてしまったとき痛みをやわらげるためにつけるものですが、陥没乳頭の人にも補助的な役割をしてくれるとのことでした。

どうやら色々な雑誌を読み調べてくれたようで、今でも母に感謝しています。

 

それから少しずつ保護器をつけていれば授乳できるようになりました。

そして1カ月を過ぎるころには保護器がなくても、私の控えめに出ている乳首からおっぱいを飲んでくれるようになりました。

初めて何の力も借りずにゴクゴクと喉を鳴らしておっぱいを飲んでいるのを見た時は嬉しくて、心の中で「やった!」とガッツポーズをしたのを覚えています。

陥没乳頭だから…と悩んで何回も泣きました。

でもこの感動だけは本当にかけがえのないものです。

 

今や、あの時の絶望はなんだったんだろうと思うほど今では我が子も強くたくましく育っています。

f:id:akasuguope02:20151108230839j:plain

著者:きょう
年齢:34歳
子どもの年齢:4歳と1歳

4歳と1歳の2人の男の子の母として奮闘中!4歳の子はもうすぐ幼稚園なのに行きたくないと毎日泣く困ったちゃん。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。