妊娠・出産・育児の情報サイト


産前産後も悩まされた貧血は、鉄剤とプルーンで対策

f:id:akasuguope02:20151112213831j:plain

女性に多いからだの不調といえば貧血。

筆者も10代の頃からずっと貧血に悩まされてきました。

通学中や、朝礼で倒れたことも数知れず。社会人になってからは健康診断の結果が思わしくなく、産業医から会社を通じて連絡が来ることもありました。

妊娠してからは検診で度々採血がありましたが、やはり貧血の症状が出ていたので
鉄剤を処方されました。

妊娠前も内科の通院で同じ鉄剤を処方されたことがあったものの、いまひとつちゃんと
飲もうという気になれず、薬を入れているケースに溜め込んでいるような体たらく。

しかし今回は妊娠中。

自分ひとりのからだではないし、再度採血があった際にまた引っかかるわけにも行かないし、朝晩ちゃんと飲もうと決意。

 

鉄剤を飲むと、すぐ異変を感じます。なぜならお通じが黒くなるから。

また、鉄特有のにおいもあります・・・缶に入ったお茶とか独特のにおいがありますがそれに近いです。

他も貧血に効果のありそうな食べ物を積極的にとろうと調べてみましたが、一番ポピュラーなレバーは苦手な食べ物。

生レバーならいけるのですが、もうその頃は法規制で食べられるお店もなかったし、妊婦が生肉を食べるのも危険だろうということで却下。

牡蠣、ほうれん草、アサリ、など諸々検討した結果、一番コンスタント&手軽に食べられそうなプルーンを摂ることに。

普通のおやつを食べるよりドライフルーツのほうが少し罪悪感も薄いので体重管理もかねて毎日パクパク。

鉄剤も毎日忘れず飲んだ甲斐あって、次回の採血は無事クリア。

これで元気に赤ちゃんを産めるぞー!と肩の荷も降りたのでした。

 

しかし、やはり問題は産後。

あまり自覚はなかったのですが、お産が比較的早かったこともあり、出血量が多かったのか、産後すぐの採血でまんまと貧血が出ていると指摘を受けました。

また大量の鉄剤を出されたときには「またこれ飲むのか~~!!!」と思わざるを得ませんでした。

だけど、やはり飲まないわけにはいきません。

産後は産後で授乳というミッションがあり、母乳は血液から生成されるので貧血は死活問題です。

鉄剤も飲みつつ、授乳するごとに水分補給を心がけていました。

夏場は娘も喉が渇くのか授乳回数が多く、自分自身の喉も渇くいて1日中麦茶を飲んでいたのでひと夏で50個入りの麦茶のパックを3箱空けたほど。

何とか貧血知らずの夏を過ごせましたが、授乳期を経た今もたまに貧血でふらふらして
しまうことはあります。

妊娠中じゃなくても、授乳期じゃなくても、子育て中は何かと体力を消耗するので
貧血気味の人はしっかり栄養&休息を取って備えて下さいね。

f:id:akasuguope02:20150604101412j:plain

著者:真貝友香
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳

携帯電話向け音楽配信事業にてマーケティング業務に従事した後、 退職。あっという間に妊娠・出産。ちょっとした行きがかりから産後1ヶ月でライター活動を開始し、 主に子育て関連の記事を執筆。お酒を飲むことと映画を観ることが何よりも好き。 90年代のトレンディドラマとJポップの話を振ると延々と喋り続けます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。