妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠糖尿病を甘く見ていた私…。看護師さんに怒られ目が覚めた!食事のたびに血糖値を測り、食事制限の日々

f:id:akasuguope01:20150914181939j:plain

妊娠糖尿病の診断が下りたのは、夫の転勤で愛知県に引っ越す前の宮崎にいる時でした。


16週目にブドウ糖を飲んで、血糖値を測る検査をしました。

自分では元気なつもりだったのでびっくりでしましたが、妊娠糖尿病という診断が出ました。

妊娠中は誰もが子供に栄養をあげるために、血糖値が上がるそうです。

それが過剰に上がってしまうのが妊娠糖尿病で、子供に障害が出たり巨大児になったり、胎盤の機能が弱ってしまう等悪影響のある病気です。

引っ越し前なので、宮崎の内科の先生からは、「愛知で病院を探して治療を受けてください」と言われました。

私は元々がかなりの大食漢だったのが、妊娠で加速している状態でした。

そのため、まだ驚いただけでよくわかってなかった私は『治療や対策は愛知に行ってからでいい』と思い、最後だとばかりに宮崎の名物を食べまくっていました。


そんなこんなで18週目には愛知で病院に行きました。

そこで看護婦さんにこう言われたのです。

「妊娠糖尿病は対策しないと子供の成長に問題が出て、最悪おなかの中で死ぬことがある」

軽く考えていた私は、鈍器で殴られたような気持になりました。

悪化すればインスリンを打つことになるということで、自己注射の方法も教わりました。

そこから、毎日食前と食後2時間後に血糖値を測る日々が始まりました。

自分のせいで子供がおなかの中で死ぬかもと、血糖値が上がる度にへこむ毎日。

最初は想像以上に上がる血糖値に恐怖しました。

 

ただ、毎日続けることで新しい発見もありました。

パンやうどん、野菜などは血糖値はそんなに上がりません。

しかしご飯はとっても上がります。

そこで野菜中心の食生活に変えると、血糖値を問題のない範囲まで落ち着かせることができました。

大好きだった果物ジュースも飲めず、子供の頃から大好きなカルピスも少し飲んだだけで捨てました。

お菓子もほとんど食べませんでした。

糖質制限に近い形でしたが、糖質は少なくとも必ずとる事を心がけました。

野菜や肉等のおかずはしっかり食べても、元々が大食らいなので、毎日おなかがぺこぺこです。

甘いお菓子が食べたい時は、ご飯の代わりに食事の時に食べたりしました。

時折ファストフードも無性に食べたくなりました。

ファストフードを食べると食後2時間後の血糖値測定では数値が上がらないのです。

でも、脂肪分が多いのか12時間後の測定では飛び上がる程上がったため、恐怖で口にできなくなりました。

普段は血糖値の数値が140くらいなのですが、これだけは200とか220とかが出るのです。

 

体重は愛知で病院に行く18週目までで妊娠前から7kg増えていました。

その体重から一度1kg下がり、出産直前で妊娠前から7.5kg増とほとんど増えることはありませんでした。

食事の注意としては、愛知の病院では普通の糖尿病の食事指導でした。

33週目で里帰り出産する大阪の病院にかかり、妊娠糖尿病用の食事指導を受ける事ができました。

パンやごはん等の糖質を食事時は減らし、その分を食間に少しずつとる分割食というものです。

そのおかげで常におなかがすいた状態から脱することができ、最後まで食事制限だけで乗り切る事ができました。

 

結局、息子は2970gで出産。

出産が終われば無事血糖値は戻り、食事制限から解放されました。

ただ、糖尿病へ移行しやすい体質なので、ご飯の量は産後も控え気味で生活しています。

そして、妊娠糖尿病糖尿病の知識を得て後から思ったのですが、食事コントロールに必要以上にこだわりすぎましたかもしれません。

インスリンを使った方がストレスはなかったかもと思うからです。

でも子供のために、食事で血糖コントロールをやりきって頑張れたことはいい経験でした。

子育てをするに当たっても一つの自信になって、今も支えてくれている気がしています。

f:id:akasuguedi:20160601221010j:plain

著者:たびたくまこ
年齢:40代
子どもの年齢:1歳8ヶ月

高齢出産は避けられない35歳で結婚、転勤族の夫について回る主婦です。
妊活で壁にぶつかり何年も大変だったものの、なんとかかわいい息子くんを授かりました。
毎日べったりでにこにこ笑う息子が幸せの糧です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。