妊娠・出産・育児の情報サイト


夏出産ならば大きなお腹も手持ちの服で対応できます

f:id:akasuguope02:20151113235130j:plain

我が家のベビーは8月産まれ。

お腹の目立ち方は人それぞれだと思いますが、私の場合は春を過ぎたくらいからかなり目立ってきたような気がします。

妊娠すると体型ががらりと変わってしまうので、当然今まで着ていた服がサイズ的に着られなくなります。

ただ、それが夏の頃であれば薄着で済むので、ゆるめのトップスやチュニック、ゆるめのワンピースを着ておけばOK。

私の場合は、妊娠中の服として特に追加で買わずに済みました。

普段着がカジュアルでゆるめのシルエットの服が多かったのも幸いしたと思います。

もっとも、元はゆるめのトップスでも妊婦が着れば“お腹パンパン”のシルエットにはなりますが(笑)。

 

上半身は手持ちの洋服でいいとしても、パンツ(ズボンのこと)はお腹部分が当然入りません。

友人から妊婦用パンツをいくつかゆずり受けていたので、お腹が大きくなった時期はとても活躍しました。

お腹の部分が広がっていてゴムやヒモでサイズを調整するようになっているので、日々成長していくお腹にも十分対応できました。

マタニティ服をネットやショップで見てみると妊婦用パンツはジーパンやチノパンなど種類も豊富で、妊婦でも十分オシャレに気を使えるのね、と思ったことを覚えています。

 

しかし、「この体型は一時だけのこと」と思うと持ち前のケチケチ精神が顔を出し、パンツ購入を渋ります。

それでも毎回友人のお下がりのパンツばりを履いているわけにもいかず、バリエーションを出すために自前のパンツを妊婦用にアレンジ。

妊娠前に履いていたパンツをチャック全開で履き、ウエストのボタンに輪ゴムを引っかけて、その輪ゴムをボタンホールに通して再びボタンに留めて完成、という簡単なもの。

これだけで簡易の妊婦用パンツに大変身です。

これだと今まで履いていたパンツも大体が着られるのでバリエーションがぐっと増えます。

ただ、人に見られるとなんとも貧乏くさいのでワンピースの下など確実に隠れるものと合わせて使うことをおすすめします。

 

他に意外と使えたのは、妊婦用のスパッツ。

ワンピースを着る機会が増えたものの、生足を披露するわけにもいかず、お腹部分が広くできているスパッツを購入。

これはシンプルで飽きも来ないし、トップス次第で印象が変わるのでヘビロテ着用していました。

お店には7分丈や9分丈、トレンカなどさまざまな色や種類がありました。

重い体と夏の暑さには参りましたが、妊婦用の服を購入せずに済んだのは、薄着で済んだ夏出産ならではだったのかもしれません。

f:id:akasuguope02:20150611000547j:plain著者:ノンちゃん
年齢:38歳
子どもの年齢:1歳11か月

元へっぽこ編集者。旅行や留学、アイドルや宇宙人などさまざまな分野の雑誌や書籍に携わるも、当時積み重ねた知識はどこへやら…。現在は頼まれればなんでも書いちゃう、へっぽこライターをほそぼそとしながら、子育てに奮闘中。訳あってシングル実家暮らしのアラフォー母ちゃんです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。