妊娠・出産・育児の情報サイト


「お願いだから寝てよ!!!」 一晩中寝なかった娘に絶叫

 

f:id:akasuguope02:20151124201026j:plain

産後、まだ病院にいるときから、一ヶ月半頃までは、とにかく「寝かせる」ことに
奮闘する日々でした。

「生まれてすぐは3時間おきに授乳!」と聞かされたときは「授乳したら3時間くらい寝てくれる」ものだと勘違いしていたのですが、授乳してもすぐにコテっと寝てくれるわけではない、抱っこしたりゆらゆらさせて「寝かせる」という行為に時間を割かれ、そして寝てくれるのを待っていたら次の授乳の時間…という負のサイクルに陥っていました。

毎日睡眠はギリギリ、手伝いに来てくれていた家族ももういないし、頼れるのは夫だけ。

 

その日も午後11時頃の授乳からなかなか眠りについてくれず、あっという間に日付を
超えてしまいました。

あともうちょっとで寝るかも…とうとうとしながらも授乳を繰り返すうちに時刻は午前5時前。

もうお日様が上がってきそうな頃合です。

さすがにもう寝るでしょう、と布団に置くとまたギャーっと泣き出すわが子にプチンと切れてしまい、気付けば「○○ちゃん、お願いだから寝てよ!!!」と叫んでいました。

その瞬間、夫が起き上がり、「○○ちゃん、遊ぼうか」と娘を抱き上げました。

「仕事があるんだからいいよ」と遠慮しましたが、「だって○○ちゃんと遊びたいもん」と私を寝かそうとします。

夫なりの優しさだったのでしょう、その言葉に甘えて少し寝ることに。

夫はその後娘を抱っこしたままソファーで寝ていたようでした。

 

1時間ほど睡眠を取り、目覚めるとまた大泣きしている娘。

程なくして夫も出社してしまいました。

授乳したり、おむつを替えたりと格闘しましたが、朝9時過ぎまで寝なかった娘。

私の眠たさも限界で、抱っこしたままわあわあと泣いてしまいました。

可愛いし、愛おしい、だけどこれ以上私を苦しめないでほしい。

そんな複雑な気持ちで娘を抱きしめ、やっとのことで2人で眠りにつきました。

しかし、不思議なもので、その日を境に娘は夜すんなりと寝るようになりました。

それも、少しずつ眠る時間が伸びて、夜は5時間6時間とまとめて眠るように。

思えばあれが娘にとってもターニングポイントみたいなものだったのか?

成長する上での通過点だったのか?なんて風に思います。

 

とはいってもその時は本当に辛くて、1日も早くこの時期が過ぎ去って欲しいと
心から願っていました。

そのときによく着ていた授乳パジャマ、いまはもう用がないのですが、1年ぶりくらいに衣装ケースから出したときにはその時の想いが蘇ってくるようで、少し切なくなりました。

f:id:akasuguope02:20150604101412j:plain

著者:真貝友香
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳

携帯電話向け音楽配信事業にてマーケティング業務に従事した後、 退職。あっという間に妊娠・出産。ちょっとした行きがかりから産後1ヶ月でライター活動を開始し、 主に子育て関連の記事を執筆。お酒を飲むことと映画を観ることが何よりも好き。 90年代のトレンディドラマとJポップの話を振ると延々と喋り続けます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。