妊娠・出産・育児の情報サイト


マタニティーウエアと授乳服は最小限で問題なし! そんな私が買ったアイテムとは…

f:id:akasuguope02:20151127121356j:plain

妊娠中はマタニティーウエア、出産後は授乳服が必要。

妊娠したばかりのころはなんとなくそう思っていました。

でも、実際は、妊娠中から授乳期に買ったアイテムは数枚のみ。

ふつうの洋服でも快適に過ごせました。
 
そんな私が妊娠中に買ったマタニティーウエアは、マタニティー用のストッキング2~3足、パンツ1本だけ。

長めの丈のワンピース+ストッキングか、ゆったりしたトップス+マタニティーパンツのローテーションでした。

仕事をしていなければ、マキシ丈ワンピースだけでも過ごせたかもしれません。

妊娠後期になると、助産師さんからワイヤー入りブラジャーは避けたほうがよいと言われたので、部屋着として使っていたブラトップを着けるようにしました。

 

産後の授乳服にいたっては、1枚も買っていません。

もしかしたらあれば便利だったのかもしれませんが、授乳服があれば授乳ケープが必要ないかというと、それはなかなか難しいような気がします。

その代わりというわけではないのですが、前空きのシャツを買い足し、ほとんど毎日シャツを着ていました。

セーターやカットソーを捲り上げて授乳している人もたくさんいますが、私にはやりづらく、息子も顔が隠れてしまってイヤそうに思えたからです。

授乳ブラは友人の結婚式でドレスを着るため1枚だけ買いましたが、授乳期もブラトップが大活躍! 

妊娠前まで「ブラトップなんてオンナを捨ててる!」と毛嫌いしていましたが、その快適さにすっかりハマってしまいました。

 

買い足したシャツのほとんどは、それまであまり買ったことのなかったユ●クロなどのファストファッション。

吐き戻し、よだれ、鼻水…汚されても惜しくない、洗濯しやすい服が必須です。

きっとこれから数年間はそのような生活が続くのだろうと、シャツだけでなくパンツやスカートも自宅で洗濯できるものを買い足しました。

 

妊娠してすぐに買った、妊娠中から出産後の必須アイテムはローヒールの靴です。

それまでランニングシューズ以外はハイヒールしか履いていませんでしたが、お腹が大きくなると慣れてはいてもハイヒールでは不安定。

産後も抱っこでのお出掛けには必須です。

なかでも一番よく履いたのは、下を見なくてもすっぽり履けるスリッポン。

抱っこをしたまま屈むことができないので、紐靴のある靴はあまり履かなくなってしまいました。

 

妊娠から約1年半、すっかりローヒールに慣れてしまった脚は、たまにハイヒールを履くと筋肉痛になってしまうほど。

これから息子が走りまわるようになると、ますますハイヒールからは遠ざかりそうです。

f:id:akasuguope02:20151104171903j:plain

著者:Mayu Ken
年齢:31歳
子どもの年齢:11ヶ月

雑誌編集者・ライター。27歳で結婚、30歳で第一子(男児)出産。趣味は旅行、読書、ドラマ観賞、フィットネス。興味があることはインテリアと女性のライフスタイル。産休中に整理収納アドバイザー2級を取得。現在の悩みは腰痛とお酒が飲めないこと。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。