妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの頭が触れる!? 自分だけは大丈夫と思っていたのに、25週で切迫早産に!

f:id:akasuguope03:20150908154443j:plain

29歳の時に妊娠が発覚しました。

生理が遅れていたので産婦人科を受診すると妊娠していました。

7週~16週までの悪阻を乗り越え、安定期になって気持ち的にも少し余裕が出てきたころ…


なんだかお腹が張って痛みが…。

仕事をしていたのでそのせいかなと思いましたが、検診に行くと少し張っているのでお薬を飲みましょうと、薬を処方されて飲み始めました。

それが25週の時でした。

それでも中々改善せず、27週の時に薬の量を増やされ1日3回が4回に増えました。

2週間後の検診では「かなりお腹が下がってきている、赤ちゃんの頭が触れちゃうよ」と言われ入院する事に。

仕事の引き継ぎや入院準備も全くしていない状態だったので、入院を告げられてから5日後に入院しました。

 

体重測定やバイタルを測り、NSTの機械をつけて入院当日から24時間の点滴が始まりました。

内服の副作用は動悸や手のしびれでしたが、点滴はさらに火照りや手の震えが凄く、慣れるまでには時間がかかりました。


人生初の入院生活。

不安が大きくて毎日泣いていました。

私の産院では34週になれば産むことができるけど、その前に産まれるようなことになれば大きい大学病院に搬送されてると聞いていたので、34週までは退院できないんだなと思いました。

私の場合、30週からの入院だったので約1ヶ月…。

絶対安静なので、お風呂とトイレ以外はベッドから動くこともできず…。

毎日がストレスでした。

お家に帰りたいという気持ちや、赤ちゃんは大丈夫なのだろうか?という思い。

色んな不安がこみあげていました。

時間が経つにつれて次第に入院生活にも慣れ、気持ちに余裕ができた時には、赤ちゃんの名前や字画を考えていました。

ストレスも沢山ありましたが、段々と出産の楽しみも出てきました。

毎週エコーも見れるし、内診での状態も聞けるし、毎日NSTもできるしと前向きになり、先生や看護師さんに励まされ、家族も毎日面会に来てくれて何とか1ヶ月乗り切りました。

そしてついに、34週のときに退院許可がおりました。

点滴を外した当日は張り返しが強く、また点滴をしないとかもと思っていましたが、徐々に落ち着いて何とかまた内服に切り替えることができ、退院しました。

1度家に帰れたことで気持ちもだいぶ落ち着いてリラックスすることができたので、しっかり出産準備と心構えができたように思えます。  

f:id:akasuguope03:20150910180642j:plain

著者:SARISARI

年齢:30歳
子どもの年齢:4ヶ月

新米ママです。日々家事に育児に追われていますが、子供の毎日の変化が楽しくて可愛くて仕方ありません。まだまだ分からないこと沢山だし育児も始まったばかりだけど、娘とともに成長していけたらいいなと思っております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。