妊娠・出産・育児の情報サイト


胸の真ん中が痛く動悸も激しい…! ”お腹が大きくなってきたら仰向け寝に注意”を実感した日

f:id:akasuguope03:20150911155852j:plain

妊娠して、お腹もだいぶ大きくなってきた29週のころ、その頃はそれまで勤めていた会社も辞め、日中はごろごろと横になって過ごす日が多かったのですが、ある日の夕方なんとなく胸が苦しくて体もだるいなーという日がありました。

まぁ、妊婦だし、体も重いし、早く寝ようとその日は就寝しました。

ところがその夜中、胸の真ん中が痛く動悸も激しい・・・息も苦しいし「どうしたんだろう?!」と不安になりました。

体を起こしてしばらくじっとしていると息が楽になるので、何でかな・・・と思いつつ大きめのビーズクッションにもたれかかり、上半身を斜めにした状態で休みました。

 

朝になってもまだしんどいので、主人に状態を話し産婦人科に一緒に行ってもらいました。

そして、お医者さんに状況を説明すると、「仰向けで寝てなかった?」と尋ねられました。

確かに、お腹は大きくなってきたものの、仰向けで寝ていても重たいとか苦しいとか特に感じなかったので、日中や就寝時も気にせず上を向いて寝ていたのです。

すると、「仰向けで寝ると、赤ちゃんの重みで背中の血管が圧迫され、血の流れが悪くなる。そうすると全身に血液が回らなくて立ちくらみのような状態になるんですよ」とおっしゃるではないですか。

 

あ、なるほど!それで体を起こすと楽だったのか!と納得しました。

 

仰向けがよくないという認識はありましたが、こんなふうに体調に影響が出るなんて思いもよりませんでした・・・。

 

理由がわかったので、特に薬の処方もなく病院から帰りましたが、帰って横向きで休んでいたら体調もだいぶマシになりました。

「初めての妊娠、こんな小さなことでもわからないことがいろいろあるね」「原因と対処法がわかって、すぐにお医者さんに聞きに行ってよかったね」、と主人と話し合いました。

それ以来、妊娠中はもちろん仰向けはやめて横向きで寝ていたんですが、産後もなんとなく横向き寝がクセになって、もう産後数年経つのに、仰向けで寝てるとなんか落ち着かない、横向きのほうが寝つきがよい体になってしまいました。 

f:id:akasuguope03:20150911160306j:plain

著者:micco
年齢:38歳
子どもの年齢:7歳、3歳

専業主婦してます。下の子が3歳になって、少しずつ子どもが自分でできることも増え、一番大変な時期は過ぎたかな!と思いつつ、あの何をしても無条件にかわいい乳幼児期が過ぎちゃったのはちょっと寂しい今日この頃・・・ 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。