妊娠・出産・育児の情報サイト


VBACがしたい、家族みんなで泊まりたい…☆ 夢いっぱいの病院選び、だがしかし! by うだひろえ

f:id:akasuguope02:20151130125812p:plain

第一子出産時の病院は、大きな総合病院の産科でしたが、いいところと悪いところがありました。

いいところは、費用が安く、大きな病院だったので緊急時の対応が迅速だったこと。(出産時、破水陣痛中に胎児の心拍低下からの緊急帝王切開でした)

悪いところは、出産後、産科のベッドが空いていなくて、普通の入院患者さん(主に手術後)用の4人部屋に入れられたこと。(これまじ一生忘れない……この辛い思い出だけで3時間語れる……)

 

上の子のことが心配だったこともあり、第二子はどこの病院に通おうかと、いろいろと調べました。 

できれば、上の子には「家族が増える瞬間」に一緒にいてほしい。

そうして増えた家族と、みんな一緒に泊まれるような産院だといいな……。

などと夢描いていたわけですけど、今、VBAC(帝王切開後の経膣分娩)をやっている病院って少ないんですね。

やっていても、リスクがあるので、厳しめの条件を満たしてないとできないらしく。

第一子出産時の病院も、少し前まではやっていたそうですが、この頃には止めていました。

そもそも、上の子も一緒に泊まり込みできるような助産院は、帝王切開をしたことがあるなど、リスクの高い妊婦さんは受け入れてないんですね。

そりゃそうですよね、何かあってはいけないですもんね……。

 

結局、あわい夢は捨て、元気に生まれてきてくれることだけを願って、第一子出産時の病院にまたお世話になることにしました。

 

……次の出産時は、産科のベッドが空いていることを祈りながら!

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:4歳と1歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。3歳男児&1歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net

連載中:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。