妊娠・出産・育児の情報サイト


「私には関係ない」はずが…マタニティブルーで涙が止まらなかった入院中

f:id:akasuguope01:20150917180027j:plain

望んで望んで、やっと妊娠した第一子。

早く抱っこしたくて、お世話が楽しみで、毎日ワクワクしていました。

産んだ後にマタニティーブルーになるなんてよく聞くけど、私には関係ない、と思っていました。

 

無事女の子を出産し、母子別室だったため翌日に娘と対面。

お世話の開始です。

ベビー室でオムツの替え方、授乳の仕方、まだ満足に母乳が出ないのでミルクのあげ方、一つ一つ教えてもらいました。

「これで大丈夫」

と自分の病室に戻りました。

部屋で二人きり、とっても可愛いし、余裕と思っていたら急に娘が泣き出します。

抱っこしても、オムツを替えても、授乳しようとしても泣き止まず、慌ててベビー室に駆け込み、看護師さんに

「泣き止みません。」

と言いました。

看護師さんが抱っこすると、なぜかすぐに泣きやむ娘。

「ちょっと泣きたかっただけよ。」

と言ってもらったのですが、私は、

「抱き方が悪かったんだ」

と自分を責めました。

その後はベビー室での授乳のたびに、周りを見ては、
「他のお母さんたちが上手に授乳しているのに、私は授乳さえうまくできない」

と、さらに気分が沈んでいってしまいました。

 

夜、娘をベビー室に預けて一人になると、反省会の始まりです。
「もっと力を抜いて抱っこしよう、もう一度授乳の仕方を看護師さんにみてもらおう。大丈夫、大丈夫」

と自分に言い聞かせてみます。
ですが、

「自分はダメな母親だ、どうして簡単なこともできないのか」

と涙が止まらず夜中ずっと泣いていました。

落ち着いて考えると、大したことじゃない、できなくて当然と自分でも分かっているのですが、涙が止まらないのです。

私が子供を産んだのは失敗だったかもしれない、と思いつめたりもしました。

 

結局、入院中は毎日泣いていました。
私は大丈夫、と思っていたからこそマタニティーブルーと気づけず、ただただ自分を責め、どんどん辛くなってしまったのだと思います。

退院後は夫に話を聞いてもらい、自宅でリラックスしたせいか時間とともに自然に治っていきました。

ホルモンバランスが落ち着いたことに加え、夫がよく話を聞いてくれ、育児も家事も手伝ってくれる人だっかたら回復したのだと思います。

退院後も一人きりだったら、産後うつになってしまい、もっとひどいことになっていたのではないかと思います。

 

こうして、まさかまさかのマタニティーブルーは無事に終わりました。

本当にホルモンバランスって崩れると心身に影響するんだ、と身をもって体験したできごとでした。

f:id:akasuguope02:20151202130402j:plain

著者:さち

年齢:33歳
子どもの年齢:2歳、0歳2ヶ月

イヤイヤ期全盛の2歳女子とおっぱい命の0歳男子の母です。毎日怒りすぎてグッタリ。
旅行と手芸が趣味です。どちらも子育て中で、なかなか出来ずです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。