妊娠・出産・育児の情報サイト


高速で走るベッドの上で看護師さんに股を抑えられ!私の「安産」体験記

f:id:akasuguope03:20150920142833j:plain

わたしの二人目のお産は、切迫早産30週から入院し、そのまま36週3日での出産となりました。

切迫早産と診断され、子宮口が開かないように、お腹の張りが治まるように、陣痛が来ないように、とにかく安静にして薬で抑えます。

重度の人ほどほぼ寝たきりですが、私の場合はトイレとシャワーのみ可、それ以外はずっとベッドの上でごろごろしていました。

薬は24時間点滴でした。

重度ではなかったものの、週数が上がる毎にお腹の張りも頻繁になり、それに応じて薬もペースアップ、濃度アップしていきました。

けれどこのお薬、正期産の37週からは投与ストップになるので、36週6日までの間に濃度を薄めていき、点滴から飲み薬に切り替えたりするのです。

いきなり強い薬をストップすると、張り返しで陣痛が来てしまうため、とのことでした。

 

そこそこ強くなっていた点滴を、張り返しがないか様子を見つつ、35週5日から下げ始めました。

これは順調だったので、36週3日に飲み薬に切り替えました。

そう、まさかこの日がお産になるとは!

 

飲み薬に切り替えると、張り返しがくる可能性が有るとの事で、点滴とお別れした朝からドキドキ冷や冷やです。

昼間は1時間に2~3回の張りだったのが、夜17:00頃から10分置きに張り始めました。

陣痛とは違う張りだったので、まあまあこんな感じかやっぱりな、という思いで念のため看護師さんに伝え、とにかく安静にしていました。

けれど20時21時になるともう頻回の張りにぐったり疲れてきました。

数日以内に産まれちゃうかも、なんてリアルに感じ始め、主人に分娩室用の飲み物を買ってきておいてもらいました。

21時の消灯を過ぎ、相変わらずの張りを感じながら、今から陣痛来たとしても出産は明日かー、などと考えたりして…

22時過ぎた頃、やっとウトウトしたのですが、22時50分、お腹の違和感で目覚めました。

来ました!

陣痛!?ぽいやつ!!!

即ナースコールです。

 

私は一人目の出産も35週4日で、分娩時間も2時間と短かったため、今回は先生からも看護師さんからも、痛いなと思ったらすぐに教えてと言われていたのです。

22時50分陣痛ぽいと伝えると、車椅子で分娩室まで行くことになり、その前にトイレへ。

2256分、トイレの出口で陣痛第二波。

第二波なのにすっごく痛い!

治まるのを待って早足でベッドに戻り、待機していた看護師さんと車椅子を目で確認し…

そのまま第三波が来ました。

第三波はもっとキツい!

立つ事も座る事もできず看護師さんにしがみついて、治まった瞬間にベッドに横になりました。

というか陣痛が治まらない!?

もう赤ちゃんが出そうなのです!

そんなわけでベッドごと分娩室に直行です。

次の瞬間、破水しました。

頭も出そうだったので、看護師さんが一緒にベッドに乗り私の股をずっと押さえていました。

私は陣痛の痛みでうめいているし、ベッドは高速で走っているし、看護師さんは赤ちゃんの頭押さえてるしで、てんやわんやです。

陣痛室を勢いよく通り過ぎ、分娩室に着きました。


分娩台に、せーので乗せられ、力入れちゃだめよーと声をかけられ続け、パンツを脱がなきゃいけないのですが、赤ちゃんの頭をパンツ越しに押さえているものだから、直に押さえる看護師さんとこれまたせーので差し替えて。

いろいろ脱いで準備整いました。


じゃあ手離すわよーと、その瞬間に、頭が出ました!

頭出たあとはイキまないんですね。

「フッフッフーと息を吐きましょー」と言われ、言われるままにフッフッフー。

そうしたらつるーんと産まれました!

無事に胎盤も出きって、23時17分。

陣痛が来てから30分経ってない、という脅威のスピード出産でした。

無事出産の「安産」です。

それもイキまずに…これは想定外です。

 

産んだあとに分娩台で、主人に買ってもらっていた飲み物を飲み、この30分はなんだったんだろうと…

しかし入院してて良かったーと、心から思いました。

家にいたら確実に産み落としてましたね。

看護師さんたちに感謝です!

 

f:id:akasuguope03:20150920140803j:plain

著者:こぶ
年齢:35歳
子どもの年齢:0歳10カ月、3歳2カ月

ふたり姉妹の母です。 雨の日に、下の子を抱っこしたままカッパ着て、上の子を自転車の後ろに乗せて、坂道をのぼる私。ママがんばれーなんて言われて。気づけばどっぷり子育て中なのだ。そんな今が好きです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。