ゼクシィBaby みんなの体験記


「ママ友作りは小さなうちから」にとらわれ、自分を追い詰めてしまった人見知りな私の失敗談

f:id:akasuguope03:20150928174932j:plain

もともと私の友人関係は狭く、積極的に友人関係を築きあげるタイプではありません。

けれど出産前に、「出産後、友達作りに励んだほうが良い」とか、「児童館など子供の交流の場は、月齢が小さいうちから通わないと、ママグループの輪ができてしまって仲間に入ることはできない」と聞いたりして、産後は交流の場に積極的に行かなくては!と、自分の性に合わないと分かっていながら自分を追いつめていました。

 

子供が3ヶ月になった頃から積極的に動き出し、児童館やら子育て広場やら交流の場に行ってみるものの、もう少し大きな子供たちが多かったり、人見知りで自分から声を掛けたり会話を振るのが苦手なので、同じくらいの月齢の赤ちゃんが集まっていても、ママが若いから話しかけても相手にしてもらえないだろうと考えたりして、結局、誰とも話さないままその場を去ることも多々ありました。 

 

私はやっぱり友達を作れない…

連絡先を交換しているママ達はいいな…

ママ友がいないと子供は友達もいないことになるのかもしれない…

今日もお友達作れなかった…ごめんね…

自己嫌悪に陥ったり、子供に謝ったり、と落ち込むことが多い日が続きました。

 

でもあるとき、ふと思ったのです。

所詮子供を通じて知り合ったママ友は気が合えばずっと仲が良いかもしれませんが、成長過程で進む方向が違えばお互いに合うことも少なくなり、ほんの少しの間のお友達なのだろうな、と。

一歩引いて冷静に見ると、いろいろなことが見えてきました。

子供がハイハイをしたり、歩きだしたりするようになればママ同士がゆっくりおしゃべりをするというより子供を見守るということが増え、積極的に誰かと話をしなくてもその場を子供と楽しく遊んで過ごすことができます。

また、意外と仲良し同士のママは居ても他の人とも話をするママが多いですし、年齢を気にしているママも少ないです。

 

育児を始めたばかりで、「こうしなくては!」と頑なになっていた私は「ママ友」というカテゴリーにとらわれ過ぎていたのです。

やっぱり私なりのペースじゃないと駄目だと気が付き、そのまま過ごして行ったら良く児童館でお会いしていたママと意気投合。

今は仲良くさせてもらっています。

あまり気負い過ぎず、子育てもママ友作りも楽しめたらいいなと、今では感じています。

f:id:akasuguope03:20150928175319j:plain

著者:ももんが
年齢:33歳
子どもの年齢:2歳6か月

育児休暇を利用して職場復帰を果たしたワーキングママです!仕事と家庭の両立、子どもとの時間を作ることのバランスに自分の体力と何でもかんでも出来るわけではないですが手を抜くところは抜いて日々楽しく過ごしています。 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。