妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての出産パニック

f:id:akasuguope02:20151223180944j:plain

f:id:akasuguope02:20151222023206p:plain

予定日1週間過ぎても全く産まれそうもない。おしるし、破水、陣痛。どれも雑誌で調べた様な兆候が全くなく焦る様な、実際きたらどれだけ痛いのか、買い物途中で破水するのかはたまた寝ている時の明け方くるのか。ドキドキの毎日を過ごしていました。色んなジンクスも試したり、小さな山も登ってみた。相当お腹の中が居心地良かったのか。

検診の時に今日から入院して促進剤を使用して陣痛を促す事に。急にタイムリミットが!!夕方までにランチに行ったり、したい事をして陣痛待ちになりました。病院で寝る時には他の病室から陣痛の堪える声が聞こえたりいきんでる声も聞こえて明日は私の番だと思いながら、ちょっと緊張感がありながら寝ました。朝の検診の際も、カーテン越しに帝王切開になるかも。と言われてそれだけはいやーって言った後の処置 悲鳴です。痛すぎ。先生、何かしました。指で中を何かしました。そこからだんだん陣痛の弱ーい感じが夕方まで続きました。

 

生理痛の酷い感じならまだ耐えれたけど、腰をハンマーで叩かれる感じがどんどん出てきてユラユラ揺れるイスに座ったりベットに横になったり、自分のベストポジションを探して、、助産師さんとダンナに励まされながらもゴルフボールをお尻に置いて顔にはミントの香りの冷タオルを置いて陣痛の数字が上がるたびに耐えてました。

何度も産みたいからいきみたいといい、助産師さんに腰を押してもらうと楽になって疲れて途中で意識が飛んだり。。

ダンナが押しても痛いのが助長するだけで暴言とは言わないけど、もう押さないで!って叫んだ様な。

分娩室に移動するにもゆっくりゆっくり。

着いて呼吸を整えても、夜だからか途中助産師さんがいなくなったり、これは焦ります!

ダンナもあ、髪の毛見えてる!とか見えちゃってるし。

戻ってきてくれて、はいいきんでーと繰り返す間に院長から電話。

助産師さん1人だけだから、押さえてくれる人がいないからその間にMAXかくると何かが出そうになったり。

いきむけど、羞恥心は捨てられなかったなぁ。

院長も電話してくるなら早いとこ来て取り上げてくれーと思いながら、マタニティヨガて習った呼吸法や体制を思い出しながらフーフーしてた。

取り上げるときもちょっと吸引したけど、全くわからず。

生まれたーってときも、涙というよりしゃべりがとまらなかった!かなりのハイ。

2時間ずっと喋っていたと思う。

我が子に初めての初乳をあげるのも痛すぎ!っていう気持ちで感動の涙じゃなくて、痛い涙がでた。

 

産むまでは痛みも何もかも未知数でわからないけど、2回目はうまくやれるなと分娩室で思った。

バースプランなんて全く出来なかったし、出産は自分が思うよりすごい体験をしたなぁと思いました。

辛い時、ちょっと泣いてるダンナを見て私がしったりしなきゃと思ったのを覚えています。

 

2人目はすんなり産んでみたーい!

著者:ちー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。