妊娠・出産・育児の情報サイト


『スピード出産』と言われた私の出産経過

38週6日0時24分に

2796gの女の子を出産しました。

 

破水後12時間弱陣痛がこなかったため、

病室でテレビを見てご飯を食べて過ごしましたが

本陣痛からは4時間半の

スピード出産となりました。

 

★05:41少量の破水で目覚める

☆06:33病院へ電話

☆06:49母とタクシー乗る

★07:00病院着、入院が決定する

☆07:10~08:20分娩監視装置をつける。感染防止の抗生剤を飲む

☆8:30朝ごはん

☆9:30母帰宅

☆12:00昼ごはん、抗生剤を飲む

☆15:00シャワー

★17:00頃から張った時に痛みを感じだす。

☆17:30夜ごはん、抗生剤を飲む

 

☆20時

テレビ見ながらベットで

うとうと寝る→痛くて起きる

17時半ぐらいから繰り返してたところ、

急に20時頃から

痛みレベル5段階中3な陣痛がスタート

(なんだかお尻にくる痛さ)

痛みは1分程持続、痛み間隔は5分程度

痛いけど、まだ1人で戦えるレベル。

 

☆20時半

助産師さんの見回り。

本陣痛きたっぽいことを訴えると、

『そろそろLDR移

りましょうねー』と言われる。

が、そこから結果1時間放置される。

 

★20時40分頃

痛みレベル5段階中4な陣痛スタート。

1人心細くなるレベル。

油汗だらだらかきながら、

もうすぐ助産師さんが来てLDR移るはずだ!!を励みに、健気に待つ。

痛み間隔は大きな痛みは10分に1度、

その間5分に1度レベル3の陣痛がくる感じ

 

☆21時半

やっと現れた助産師さんに

『もう我慢できない』と切実に訴え、

入院部屋からLDRへ移動。

LDRで本日2回目の内診!

子宮口4cm開いてる!!と助産師さんビックリ。

生まれるまではもう入院部屋に戻らないことが決定し、付き添い予定の母を電話で呼び出す。

 

☆21時50分頃

痛みレベル4.5。1人では耐えられないレベルの痛み。

散々歩きながらお産の呼吸法、練習してきた癖にここで過呼吸気味になる。

また、痛みで血圧上がり点滴つけられる。

助産師さんが痛みのピークで、呼吸をリードしつつそのリズムで肩や足をさすってくれる。それやってもらえると最高に楽になる。(痛み4.5を4ぐらいの体感に変えてくれる)プロってやっぱり凄い

痛みの間隔は5~3分間隔。

 

☆22時20分頃

母到着。母が来たことで、助産師さんが安心して部屋を出ていってしまう。

結果、痛みピークの時の呼吸リード&マッサージが無くなり、4.5レベルを4.5レベルのまま体感し続けることになる。

自分が呼んだくせに、母を呼んだことを激しく後悔する

痛みの間隔5~3分のまま。

助産師さんに『この調子なら明日の3時半ぐらいには生まれるかなー?』と

言われた。らしいが、私の耳には届かず。

(今思うと、聞こえなくて良かった。きっと絶望的な気持ちになったと思うので)

 

★23時

痛みレベル5。もうイキまずにいられない。

子宮口全開前にイキんじゃいけないことを知ってたので、母にもうイキんじゃう!次に助産師さん来たら伝えて!!と言う。

痛みの間隔、3分程度。

助産師さん登場も、

『破水してるから感染怖いし、あんまり内診たくさんしたくないんだよねー』と、まだイキまないで頑張れーと断られる。

 

★23時半

いや、やっぱもう動いちゃうしイキまないの無理だ!!と、

次助産師さんが現れたら絶対言うぞ!!!と強く思う。

ここまで1度もナースコールを押さずに、助産師さん呼び出さないで我慢し続けたので、最後も我慢だ!!!と

助産師さんが現れるのを健気に待つ。

(頻繁に内診してもらって、子宮口の開くスピードが遅いのを実感して死にたくなった、と友人に聞いてたため、最初から助産師さんのタイミングを信じる方式で望んでました\(^^)/)

 

ここまで声を全く出さずに耐えてきましたが、この辺りから

『あー出ちゃう、動いちゃう、イキんじゃう』等々、声が出始める。

痛みレベル5は4分間隔ぐらいで、2分間隔ぐらいで痛みレベル4.5っていう

結構な生き地獄タイム(T▽T;)

↓↓↓

助産師さん登場。

声出して苦しみ始めたので、内診してくれることに!

LDRで本日3回目の内診!!

まさかの子宮口全開

 

『この陣痛間隔で2時間で4cmから全開は大したもんだ!まだまだだと思ってた。もう産まれるよー』と、助産師さんに褒められる。

この後、すぐにLDRのベットを出産体制に変形しつつ応援の助産師さんをもう1人呼んでくれたりしてましたが、

もーイキむことが止められない。

痛みレベル5が絶え間なく押し寄せる感じ

 

★0時くらい?

イキんでOK!が出る。

ここからは楽!!と出産レポートで書いてる方も多かった(2回イキんだら出てきたとか)けど、私はここから一番辛かった

 

イキんでる内に完全に過呼吸になり、手がブルブルに震えて意識朦朧

焦らんで良いよ!言われても、

もう会える!早く会いたい!!思うと、どーしても焦ってしまい

イキむ程の陣痛じゃないタイミングでイキんだりしてしまいました。

 

結果、体力がめっちゃ奪われ、会陰がボロボロに裂けて、出血過多となり、

赤ちゃんも多少の酸素不足の状態で生まれましたゴメンね

この時は、泣き叫びはしなかったけど

もう勝手に『うああー』と声が出てしまっていたと思います。

 

イキみ逃しまでが辛くて、

イキみOKが出たら、終わったようなもんだ!と思い込んでたので

最後の30分ぐらい?が、苦しくて切なくてイチバン辛かったです

イメージトレーニングは大事だけど、思い込み過ぎは良くないですね!反省

子宮けいかん短い人は早いのかも?けいかんしっかりめな人はイキんでもすぐには出てきません( ゚ ▽ ゚ ;)!!焦らずに!!

 

★0時24分

女の子誕生

ズルッと出てきた時の感覚が云々、

言いますが、会陰裂傷でよく分からず。

 

泣き声が聞こえて、

良かったー!!会えたー!!

ありがとー!!と叫ぶ。

 

しかし、

ちょっと呼吸が弱いから今晩は保育器に入れますーと、初乳含ませる前にすぐ赤ちゃん没収。

 

結構ショックでしたが、

助産師さんにも先生にも、念のためだからーと励まされ、ちょっと安心する

 

ここから胎盤出したり、会陰縫われたり、子宮収縮材点滴されたりする。

 

赤ちゃん胸にのせてたら、

多分、赤ちゃんに夢中で痛みとか分からなかったりするんだと思いますが、

赤ちゃん居なかったので。

結構痛かった。辛かったです

 

そこから私は2時間、LDR室で待機。

母は1時間付き合ってくれて、タクシーで帰宅。

 

☆3時頃

LDR室で診察を受け、トイレ指導。

トイレまで歩いただけで、頭くらくらになってしまい、担架で病室に運ばれる。

その間に新生児室の赤ちゃんをちょっと見せてもらう。

呼吸安定したので明日の朝には出られますよーと教えてもらえて安心する

 

☆3時半頃

痛い痛い思いながらも、就寝。

著者:みい

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。