妊娠・出産・育児の情報サイト


絨毛羊膜炎で切迫早産

f:id:akasuguope02:20151223163741j:plain

f:id:akasuguope02:20151222023206p:plain

妊娠中期までは大きなトラブルもなく、仕事もしながら順調でした。しかし8ヶ月に入る前後からやたら頻繁にお腹が張るようになり、ある日は仕事からの帰り道お腹全体がチクチクしました。帰宅してから横になって休んでも、ふとしばらくすると右側下腹部が少し小さくチクチクし、気になっていました。また、おりものも増えて色が濃くなりました。後期からおりものは増えると本で読んでたので、普通のことと思い、お腹の張りやすさだけ気になっていたので、検診の時に相談したら、内診が入り、その後血液検査…その結果、「炎症起こしてるから仕事はできません。まだ入院ほどじゃないけど自宅安静です。」と言われ、絨毛羊膜炎の切迫早産と書かれた紙を渡されました…。まさか?!という感じでびっくり。仕事も産休に入るまであと数週間残ってたので引き継ぎもしていなく、突然その日から外出禁止と言い渡され、呆然としました。

お医者さんによると、「普通に仕事したりして生活し過ぎましたね。」と軽く言われました。

出勤時間遅めにしてもらったり、疲れたら休ませてもらうなど配慮してもらっていたので大丈夫と慢心を起こしてしまっていたのか、まさか自分が切迫早産になるなんて…帰宅してからネットで切迫早産や絨毛羊膜炎のこと調べまくりました。

その日から薬を飲み、横になってるとお腹は柔らかいけど、立つと張りやすい、という状態が数日続き、自宅安静を自宅でのんびり過ごせばいいと軽く解釈していたのですが、油断するとお腹が痛くなることが。

どうやら安静とは横になることらしく、座ったり立ってるだけでもお腹に負担がかかるそうです。そうと分かってからは、なるべく横になって過ごすようにしています。

切迫早産を言い渡された日、子宮頚管も短くはないけど長くもない、と言われていたので、次の検診までに状態が少しでも改善してるよう、今はひたすら家で休んでいます。

著者:ヨウ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。