妊娠・出産・育児の情報サイト


乗り気じゃなかった立ち会い出産。でもお産中一番聞こえたのは夫の声だった

f:id:akasuguope02:20151215070858j:plain

f:id:akasuguope02:20151211183234p:plain

もともと立ち会い出産は乗り気ではありませんでした。

お産時に痛みに耐えかねて、主人に八つ当たりするのは目に見えてるし、排泄する可能性もある。

陣痛室までは来てもらっても構わないけど、分娩室まではお断りでした。

ですが、病院の方針と主人の強い希望もあり、立ち会い出産をすることに。

 

陣痛はPM9:00頃10分間隔となりました。

まだ私が辛そうにないとのことで、5分間隔になるまで自宅で待機との病院からの指示でした。

 

日付が変わる頃6分間隔になったものの、また8分と伸びていき、最初は心配していた主人も横で眠る始末。。

それを見て、やはり立ち会っても役に立たないでしょう、と思ってました。

 

AM6:00頃、5分間隔となり、主人を起こして病院へ。

陣痛室では、私は疲れからか陣痛以外を寝て過ごしていたため、嬉しい誤算?で、八つ当たりはせずに済みました。

その後、AM11:00頃破水し、分娩室へ。

 

分娩室に入ってすぐ、主人は「汗拭いてとか、飲み物とか言ってね」と言いましたが、そんな余裕は私にはなく、何も頼みませんでした。

この時点で少し、「ああやはり外で待ってもらってれば良かった」と思いました。

分娩は、吸引かつお腹を押してもらったので、総勢7~8人の助産師さん?に囲まれながらの分娩でした。

 

痛みで良く分からないまま、いきむ時に、「目をつぶらない!声は我慢!お腹に力入れて!」と色々指示が飛び、特にいきみ終わった後の呼吸が難しくて、腹式呼吸をする余裕すらなく。。

そんな時、主人が肩を押さえながら、頭のそばで「スー、ハー、スー、ハー」と言っていたのが、聞こえてきて、きちんと腹式呼吸をすることが出来ました。

もちろん、その場にいた助産師さんたちも同じように言っているのですが、特に主人の声がよく聞こえて、家で一緒に練習していたのを思い出しました。

 

そして、子供が無事に生まれました。

生まれた瞬間、私は目が悪くて良く見えなかったのですが、肩に乗った主人の手が、強く握りしめられたまま、震えていたのが印象的でした。

感動してくれているのかな。

そう思ったら、立ち会い出産も悪くなかった、むしろ次回も立ち会ってほしい、そう思いました。

 

著者:tekunn

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。