妊娠・出産・育児の情報サイト


本当に親身になってくれる先生との出会い。不妊治療の一歩目は病院選びから!

f:id:akasuguope01:20150910173216j:plain

結婚して2年、それまでは子供については何歳までに生みたいとか、何人欲しいとか、特に考えておらず、いつかできたらいいな、それくらいの感覚でいました。

しかし、友人の

「ブライダルチェックに行くんだ」

という一言で、私の妊活は始まりました。

実はこの時もまだ、積極的に妊活をしようと思っていたわけではなく、軽い気持ち

「妊娠できるかどうか確認してみよう」

と思ってのことでした。

 

不妊治療について何の知識もない私は、友人に聞いたり、ネットでの口コミを参考にして、とりあえず不妊治療で有名なクリニックを探してみました。

最初に行ったのは通勤にも便利な主要駅の駅ビルに入っている、女医さんしか在籍していないという触れ込みのクリニックでした。

「駅ビル&女医のみ」

というブランドは強いようで、いつ行ってもクリニックはとても込み合っていました

混んでいるからいい病院かと思いきや、受付スタッフや看護師はみな事務的で、先生もこちらからの質問にはほとんど答えてもらえず、淡々と状況をお話しされるばかりでした。

そこで通水検査など、一通りの検査を行いましたが、結果、問題はありませんでした

ただ検査は痛みを伴うものもがあり、またその病院では設備の問題でできなかったため、他病院に行かなければならなかったのが一層不安に思ったのを覚えています。

その後約1年間かけて、そのクリニックで排卵誘発剤とタイミング療法を行ったにも関わらず、妊娠につながることは一度もありませんでした。

最初は軽い気持ちで始めた妊活でしたが、病院に通うたび

「こんなにもたくさんの人が、思うように妊娠できていないんだ」

という不安と、

「検査結果では何も問題はないのに、どうして妊娠に至らないんだろう」

という焦りで、どんどん気持ちが落ち込んでいきました。

 

そんなある日、地元の友人とランチをする機会があり、

「子供ができなくて~」

と治療に関する愚痴を言ったところ、実はその友人も、不妊治療をしていて、地元のクリニックに通っていると聞きました。

最初のクリニックの流れ作業的な診察と、患者に対する冷たい対応に疲れていた私は、友人の通っている、地元のクリニックへの転院を決意しました。

その地元のクリニックは、車でしか通えず、自宅から40分以上もかかります。

さらに先生は1人しかいないので、予約したにも関わらず、待ち時間が3時間を超えたこともあります。

しかし、先生は私の不安や質問など、時間がないにも関わらずしっかりと聞いてくれたり、とても親身になって私に向き合ってくれました。

待合室がいっぱいで立って待っていた私に椅子を用意してくれたり、看護師さんやその他スタッフさんもまた、患者への気遣いがそこにはありました。

何より、最初のクリニックでは、1年以上通院したにも関わらず一度も指摘されなかった『不妊の原因』について、このクリニックでは初診の際に指摘されました。

それは、

「夫側にも原因があるのではないか」

ということです。

同じクリニックで、すぐに主人の検査を行ったところ、不妊の原因は夫側にも問題があることが分かりました。精子の運動率の問題でした。

 

その後、タイミング療法を3回ほど行い、すぐに人工授精へとステップアップしました。

私としてはすぐにでもステップアップしたい気持ちでしたが、先生が

「お金もかかることだし、もう少しだけタイミングで頑張ってみよう」

と言ってくれ、先生を信頼してすべてお任せすることにしました。

そして人工授精3回目にして妊娠!びっくりするやらうれしいやらで、

「本当ですか?!本当?!」

と何度も繰り返していました。

「いやぁ、よかったね」

先生は本当にうれしそうに言ってくれ、またそばにいた看護師さんも、

「よかったですね、本当ですよ」

と言ってくれたのがうれしかったです。

 

今、妊活してた時間を振り返ると、もし最初のクリニックで男性側も検査を行っていたら、1年もの長い時間を費やすことはなったんじゃないかと思います。

それに妊娠・出産は本当にデリケートな問題です。

不妊で悩んでる人は、とっても苦しい思いをしています。

そんな人たちが来る病院では、心のケアも必要じゃないかと思います。

先生や看護師さんの対応ひとつで、気持ちは大きく変わるのだから。

 

病院選びは、『通いやすさ』『女医さんかどうか』などの様々な選び方があると思いますが、本当に重要なことは、病院や先生が親身になって相談してくれるかや、相性だと思います。

もし治療の過程で、病院に対して疑問や不安を感じることがあれば、我慢し続けるのではなく、『他の病院を探してみる』という選択肢もあるんじゃないかな、と思います。

f:id:akasuguope02:20151225234102j:plain

著者:すみお
年齢:39歳
子どもの年齢:2歳、5歳

OLを10年勤め、結婚を機に退職。2年間の不妊治療を経て妊娠・出産!現在、イヤイヤ期2歳児と第2次イヤイヤ期5歳児兄弟の育児に奮闘中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。