妊娠・出産・育児の情報サイト


上の子たちも安産だったから…と思っていたのに、まさかの緊急帝王切開!

f:id:akasuguope01:20150909180243j:plain

まさか、自分が帝王切開で生むとは…!

私は、2人の子どもを自然分娩で産みました。

初産の時は、約3日ほど陣痛で苦しみましたが、助産師さんによれは、比較的軽いお産ではあったとのこと。

2回目の出産はもっと早く、陣痛は痛く苦しいものではありましたが、自分は比較的お産は軽い方なのだと考えるようになりました。

そして、いよいよ3回目のお産。

妊娠中はまったくトラブルがなかったとは言えませんでしたが(特に体重増加…)、順調に胎児は育ってくれ、軽い陣痛とお印が出たので産院へ。

この時も、2回目のお産の時のように、1日くらいで生まれるかなと軽く見ていました。

しかし、いつまで経っても陣痛は強くならず、時々助産師さんや看護師さんが私の様子を見ながら首をかしげていました。

 

心拍数が下がっていると言われ

その状態で1日が過ぎようとしていました。

陣痛のような痛みはあるものの、ものすごく痛いものではなく、生まれる様子もありません。

さらに、破水しているとまで言われましたが、このまま分娩という訳にはいかないようです。

楽観的な私でも、さすがに大丈夫かな?と不安に思うようになってきました。

そんな矢先、助産師さんが険しい顔で私の病室へ入って来て、酸素ボンベの吸入口を私の口に当てました。

いきなりなのでパニックになりならがも、ゆっくり呼吸してと言われ、呼吸して自分も冷静になろうとしました。

入院した時から、胎児の様子を計るモニターを着け、スタッフの詰め所で様子をチェックされていたのですが、急に胎児の心音が低下したと言われました。

さらに私はパニックに。

実は、最初の妊娠の時、初期流産を経験しているのです。

幸いなことに心音は持ち直しましたが、この先もどうなるか分からないので

「念のために帝王切開しましょう」

と言われました。

里帰り出産で、自宅からは飛行機の距離ですので、帝王切開の同意書は父にしてもらいました。

しかも真夜中に。

子どもは無事に生まれました。

早産でもなく、体重も3100グラムと標準的な体重です。

心室中隔欠損症という先天性心疾患がありましたが、今回のお産のトラブルとは関係ないようです。

 

原因は…?

実は、産婦人科の先生からは、今回のことは

「原因は分からない」

と言われました。

もちろん私は妊娠中はお酒もタバコも一切しておりません。

家族に喫煙者もおりません。

体重の増え過ぎ?

産後に虫歯が見つかったから、虫歯菌のせい?

いろいろ考えましたが、原因不明とのことです。

お産は命がけだと実感しました。

f:id:akasuguope02:20151226001549j:plain

著者:紅きの子
年齢:30代
子どもの年齢:3歳

沖縄に住む島ナイチャー。
ネガティブ、出不精、面倒くさがりの母と三姉妹。母には似ないようにと願う日々。
女の子は子育てが楽という意見には異論を唱えます!毎日喧嘩ばかりで母は悲鳴を上げています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。