妊娠・出産・育児の情報サイト


あっという間の出産

f:id:akasuguope02:20160106142513j:plain

f:id:akasuguope02:20160106141052p:plain

予定日より一日遅れの出産となりましたが、当日まで何の予兆もありませんでした。当日朝4時、トイレに起きてもう一度寝ようとすると、生理痛のような痛みがあり一分程度で消えました。もしかしてと思っていると20分後にまた同じように痛み出し、次は10分後、20分後と不規則に痛み出しました。

そのうち10分間隔になるかもしれない、いや今日産まれる!となんとなく思い、シャワーを浴びたり、入院前にしておきたいことをあれこれしてました。もちろんその間も時間を計ってましたが、気づけば一時間ずっと4分間隔!最初は10分間隔になってないし、これも前駆陣痛だろうと思って放っておいてましたが、痛みも強くなってきて、さすがにおかしいと思い産院に連絡し、寝ぼけて状況が把握できていない旦那を叩き起こし、産院に着くと既に子宮口が9cm開いているのですぐ分娩になるということ。私より旦那のほうが焦ってました(笑)

私たちは立ち会い学級に参加していましたが、二人で話し合い、今回は立ち会いなしで産むことに決めていました。助産師さんに伝えると、気を利かせて、分娩室を開けっ放しにし、声はよく聞こえるようにしてくれ、旦那にもお産の状況は伝わるようにしてくれました。

産院についてからわずか30分のスピード出産で、皆びっくり(笑)

陣痛時間が短かったので、陣痛の痛みよりも、今も残っている縫い合わせの痛みのほうが記憶にあります…(笑)

でも赤ちゃんが出てきた瞬間の感動と痛みからの開放感は堪りませんでした(笑)

著者:レミ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。