妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱいも準備が必要だと実感。次の子のときは準備万端で初日から問題なし!

f:id:akasuguope01:20150928132455j:plain

第1子である長女を妊娠した時から、できれば母乳で育てたいと漠然と考えていました。

漠然とした考えでしたので、母乳で育ているためにどうすればいいのか、ということは調べも実践もしていませんでした。

せいぜいお腹の赤ちゃんのために食べる物を少し気をつけていただけです。

甘い物も食べていました。

そして長女出産。

出産翌日に初おっぱい、となりましたが、長女はどうしてもおっぱいを吸ってくれません。

看護師さんが乳首と乳頭が硬すぎると言い、乳頭のマッサージをしてくれました。

これがとっても痛かったのです。

マッサージをしましたが、長女は私のおっぱい、というか乳首を軽くくわえただけで、一緒に空気を吸っているような音をさせています。

私は、まだ産まれたばかりだから上手く吸えないんだな、と軽く考えていました。

しかし、上手く吸えずに20分、30分と経ち・・・まだ生後1日の長女は、お腹が空いて大泣き、私はおっぱいの痛みもあり、焦りがピークに達していました。

看護師さんから、

「出産前から乳頭マッサージしていなかったでしょ」

とあきれられる始末。

とにかく長女の空腹を満たすため、看護師さんはミルクを用意してくれました。

その間、私は乳頭のマッサージの指導を受けました。

ここでようやく自分の準備不足を恥じました。

ですが、今から乳頭を柔らかくしようとも、一朝一夕で赤ちゃんが吸える状態になりません。

長女はおっぱいを浅く吸い、上手く母乳が飲めずに大泣き、を繰り返します。

ある程度搾乳してパンパンのおっぱい全体を柔らかくして吸いやすいようにする作戦に。

しかし、乳腺自体も詰まり気味だったので、産婦人科の機械を使っても上手く搾乳できず、この作戦は失敗に終わりました。

最後の手段として、看護師さんはゴム製の乳頭保護器を持ってきてくれました。

本来は乳首や乳頭が傷ついて出血していたり、痛みがある場合に使うものですが、上手く吸えない赤ちゃんの練習用にも使うそうです。

乳頭保護器を使って授乳させると、あっさりと、しかも上手におっぱいを飲むではありませんか。
今までの苦労は何だったのか!?

看護師さんはあくまで緊急時の対策であって、乳頭マッサージを続けて直接吸えるようにしましょうね、と言いました。

看護師さんの指導通りに、授乳の前に乳頭をマッサージしつつ口にくわえさせ、を繰り返しました。

しかし、おっぱいは常にパンパン、軽くもむだけでも激痛が走り、もんだ刺激で母乳がますます生産されて今にも破裂しそうな状態に。

さらに乳頭保護器にすっかり慣れてしまった長女は直接の授乳は受け付けず。

結局入院中はすべて乳頭保護器での授乳でした。

そして、退院後はさらに乳頭保護器なしのおっぱいを近付けようとすると大泣きするように。
私のおっぱいは嫌われてしまったようです・・・。

元々ミルクとの混合育児で、徐々にミルクの方が飲む量も増えてしまい、さらに私の病気の関係で長女の母乳育児はたった5ヶ月で終了してしまいました。

もっと育児について勉強し、乳頭マッサージを心がけておけばと反省しています。

ちなみに、次の子である次女を妊娠時は、安定期に入ってから乳頭マッサージを子宮に負担のない程度にしました。

おっぱいを吸いやすくする準備が万全かどうかは分からないまま、次女を出産の時となりました。

次女の初おっぱいはと言いますと・・・。

あっさりとおっぱいをくわえて飲んでくれました。
産まれた直後から乳頭保護器いらずです。

長女がおっぱいを多少吸っていたのもありますが、やはり乳頭マッサージは大切だと実感しました。

f:id:akasuguope02:20151231161825j:plain

著者:紅きの子
年齢:30代
子どもの年齢:8歳、6歳、3歳

沖縄に住む島ナイチャー。
ネガティブ、出不精、面倒くさがりの母と三姉妹。母には似ないようにと願う日々。
女の子は子育てが楽という意見には異論を唱えます!毎日喧嘩ばかりで母は悲鳴を上げています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。