妊娠・出産・育児の情報サイト


アトピーの娘と挑んだ『脱ステロイド』。辛い日々を家族で乗り越え、きれいな肌に!

f:id:akasuguope01:20150928141721j:plain

私はアトピーです。

娘の肌質は私に似ているので、やはり娘もアトピーと診断されました。

 

娘の肌の異変に気付いたのは、娘が6カ月を過ぎたころでした。

ちょうど夏の時期だったので、あせもかな?と思い、首筋、腕、足とこまめにタオルで拭いたりしていました。

ちょっとひどくなってきたので、かかりつけの小児科に連れていくと、

「この子はアトピーかもしれないね。」

と先生に言われました。

やっぱり私に似てしまったのか・・・。

帰ってから、ショックで暗い気持ちになりました。

ところが、病院でもらった保湿クリームと軟膏を塗って、数日たつときれいになりました。

そのあとしばらくはきれいな肌の状態が続いていました。

 

数カ月後、冬になり乾燥してきたのか、また娘の体に湿疹ができました。

今度は小児科ではなく、皮膚科に連れて行きました。

先生の診察結果は、やはりアトピー性皮膚炎。

一番軽いステロイド軟膏と保湿クリームを出してもらいました。

ステロイドは副作用が強くなるべく使いたくなかったので、保湿クリームだけ使用しました。

しかし、かゆくて日に日に機嫌が悪くなるのがかわいそうで、私はためらっていたステロイド軟膏を塗りました。

ステロイド軟膏を塗ると、翌日には赤みもひいて娘の機嫌も良くなりました。

赤くなると軟膏を塗り、きれいになると塗るのをやめる。

いつからか、この繰り返しになりました。

 

そして娘が1歳半になり、ある雑誌で『脱ステロイド』という言葉を知りました。

早いうちに脱ステロイドをしたほうがいいのでは?と思い、皮膚科の先生に相談しました。

娘はまだステロイドを使っている期間が短いので始めてみようということになりました。

 

アトピーを改善するために、食事に気を付け、オーガニックコットンの肌着を着せて、部屋を清潔に保つ。

昼間は元気いっぱい公園で遊び、いっぱいお昼寝をして規則正しい生活をしました。

数日後、娘の肌に異変が起き始めました。

以前、ステロイドを塗っていたところが炎症を起こしています。

赤くなり、娘がかいてしまった場所は血が出ています。

日に日に肌は悪化していき、娘の機嫌も悪くなっていきました。

夜も1時間おきにかゆくて泣いて起きたり、自分でかきむしります。

私は、そのたびにさすっったり、冷やしたり、抱っこしたり、かゆみを少しでも和らげてあげたくて色々試しました。

娘がかわいそうで、ごめんねと泣きながらさする日もありました。

 

少し良くなってはまた悪化する、数カ月間はこの繰り返しでした。

かゆくてかきむしるので、毎日、血がついた肌着やシーツを手洗いしていました。

その頃は、私も娘も寝不足で、昼間は家でごろごろ過ごすことが多かったと思います。

私は気力がなく、家事も必要最低限しかできませんでした。

そんな大変な辛い日を乗り越えて、2歳の誕生日を迎える1カ月前には、少しずつ皮膚が再生され、良くなってきました。

きれいになる娘の肌を見ては喜び、嬉しい気持ちでいっぱいになる私。

辛かったけど、頑張って良かった!

それから娘の肌は、あのひどい炎症が嘘のようにつるつるきれいになりました。

一番頑張ったのは娘だけれど、治療の間、家事が手抜きになっていた私を色々と助けてくれた主人にも感謝しています。

f:id:akasuguope02:20160105224333j:plain

著者:ちはる
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳6か月

DIYと写真を撮るのが大好きな1児のママです。少し育児に余裕が出てきたので、これから子供服作りにチャレンジしたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。