妊娠・出産・育児の情報サイト


腰が砕けるかと思った!一日がかりの出産体験記

f:id:akasuguope02:20160106154609j:plain

f:id:akasuguope02:20160106141052p:plain

出産するー週間前ぐらいから、前駆陣痛が夜中に続いていました。

でも生理痛ぐらいの痛さで、間隔はまちまち。

お腹の張りは感じていましたが一時間ほど痛かったり治まったりが続きました。

予定日5日前におしるしがありました。

もうそろそろかなぁと感じることができました。

予定日4日前の夜中3時頃、また前駆陣痛の始まりのような痛さが来て、目が覚めました。

私は陣痛の間隔を図るアプリをダウンロードしていたので、計ると10分間隔でした。

まだその時は、話が出来る痛みだったので5時頃まで歩いたり朝食を食べることも出来ましたが、こんなに長く続くことは今までなかったので産院に電話することに。

「初産なので急がず気を付けて来てくださいね」と言われました。

 

産院に着き、モニターで張りを確認。

子宮口の開きも見てもらうと、1センチでした。

定期的な間隔が来ているのと子宮口も柔らかくなっているので、入院が決まりました。

初めは段々とゆるやかだった痛みも強くなり、ふぅーーっと息をはかないとしんどいぐらいの痛みになっていました。

お昼になりご飯が出ましたが、痛さで食べられません。

体力をつけるためにも食べた方がいいのは分かっていたのですが。

 

度々助産師さんがモニター確認してくれるのですが強まったり弱まったり。

間隔も5分だったのが10分になるときも出てくるようになり、体力を温存するため、なるべく陣痛の合間には眠るように言われました。

途中で、お医者さんの診察があり、見てもらいました。

前期破水の疑いのため、入院は続行。

子宮口の開きは2,3センチでまだまだかかりそうだと告げられ、このまま産まれてこなかったら次の日の朝に陣痛促進剤を打つという話になりました。

お腹だけではなく腰やお尻にも痛みは広がるようになってきたのですが、子宮口は開かず、夜になりました。

家族に腰や、おしりを押さえてもらいましたが、陣痛が来ると立っていられないほど痛かったです。

痛みを逃そうと、色々な体勢を試しました。

 

夜中の12時頃、助産師さんと相談で、強い陣痛は来ているものの子宮口が開いていなかったので陣痛促進剤をうってもらうことに。

その頃、水分を上手にとれていなかったので脱水症状になり微熱がありました。

点滴と促進剤をうってもらいました。

促進剤をうつと、効きが私には合っていたようで陣痛の間隔が5分から2、3分になり、子宮口もすぐに7センチまで開きました。

 

いよいよ分娩室へ。

いい陣痛が来るようにと、移動は徒歩です。

旦那さんと母に付き添いで入ってもらいました。

うちの産院はソフロロジー分娩法を取り入れていたので、ソフロロジーの音楽を聞きながらの分娩でした。

声がでるほどの痛さはありましたが、これまでのいきみのがしのときとは違い、もうすぐだ、という前向きな気持ちでいれたので頑張ることが出来ました。

実際は腰が砕けてしまうのではないかというぐらいの強い痛みだったのですが。

下半身に力を入れると赤ちゃんがしんどくなるので、腕には力が入りましたがきばらないように気を付けました。

子宮口が全開になる少し前に人工破水してもらいました。

生暖かいお水のようなものが出てくるのが分かりました。

 

助産師さんの全開になったからいきんでいいよ、の合図でいよいよ力をいれることが出来るようになりました。

お医者さんもその頃には来てくれていました。

赤ちゃんの頭が出てくるのが分かりました。

出たり入ったりしながら陣痛の波と共に力を踏ん張りました。

頭と肩はなかなか出てくるまで大変でした。

頭が出てきているときに、頭を触らせてくれまた勇気がわきました。

体がでると、一気にするするっと出てくれました。

 

元気な産声が聞こえ、幸せな気持ちでした。

赤ちゃんと対面したときは、涙がでるほど感動しました。

赤ちゃんも頑張って出てきてくれたのが伝わりいとおしくなりました。

ほぼ一日がかりの出産で疲れましたが赤ちゃんと会えたことで吹っ飛びました。

著者:さえ

なかなか妊娠できず色々と検査をし、排卵のお薬を飲んで妊娠することができました。初めての出産は

人生で忘れられない経験でした。赤ちゃんとの毎日を楽しみつつ、今は一緒に成長しているような気がします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。