妊娠・出産・育児の情報サイト


早産しかけているのに「何しに来たの?」、お風呂場で尿管を抜かれる…産前も産後も、ベルギーでの出産は散々だった

f:id:akasuguope03:20150828143559j:plain

初めての出産をベルギーで体験しました。

結婚して直ぐに妊娠をしたので、里帰りもしないでベルギーで産む事になりました。

妊娠していた頃から掛かり付けの産婦人科の先生の対応は悪く、外国人という事でベルギー人より、物凄く適当に見られていました。

 

一度出産予定日前には早産もしかけた事があり、その時に緊急で病院に駆けつけて、検査をしてもらっている時に、掛かり付けの産婦人科医が来て、「何しに来たの?」と言われました。

でも、その時の検査で早産しかけている事が判明し、直ぐに入院手続きになりました。

何とか早産せずに済んで、やっと無事に迎えた予定日に、陣痛が来て病院へと急ぎました。

でも、私の掛かり付けの産婦人科の医師は夏の休暇を取っていて、掛かり付けの医師ではない別の医師が出産に立ち会いました。

とは言っても全く子宮口が開かず、ギリギリまで私も頑張っても無理で、その医師は、これから緊急帝王切開をしますと言いました。

 

ベルギーの帝王切開は下半身麻酔で、夫が立ち会いの下で、帝王切開が始まりました。

帝王切開が始まっている間、私は夫の手をぎゅっと握りしめていました。

とても怖かったのと、不安だったのと、赤ちゃんが無事に生まれて来て欲しいと言う思いで胸の中はいっぱいでした。

でも、そんな最中に聞こえてきたのは、帝王切開をしている医師たちの話し声と笑い声でした。

私は、本当にこの先生で大丈夫なのか、物凄く心配になりました。

無事に出産は終わり、可愛い生まれたばかりの赤ちゃんを数秒間見る事が出来ました。

無事に生まれてくれて良かった。

本当に心からそう思いました。

私の出産に立ち会っていたのは、ただ主人一人。

私の家族は日本に居るため、高い飛行機代を考えるとなかなか来られませんでした。

産後、主人は直ぐに家に帰ったので、私は出産した日の夜は病院に一人で、心細かったです。

 

出産の翌日は、もうすでに看護婦が朝早くから来て、赤ちゃんのお風呂の入れ方を教えに来たり、まだ尿管にも管が通っているような状態で、点滴も入っているのに、シャワーを浴びて来てと無理やり点滴をしたままシャワーをさせられました。

尿管は、お風呂場に行った時に私が立っているまま引っ張って抜かれました。

そのせいで後に、排尿に問題が起きて、当分の間おしっこが出なくなりました。

私は母乳も出にくかったのですが、母乳をあげていないと思われて、朝早くから夜中まで看護婦さんが怒鳴りに来ていました。

そしてミルクを貰おうと思ってナースコールをしても、ミルクはあげられないと拒否をされて、おまけに「もうナースコールは押さないで、私達も忙しいから」と言われました。

私は泣き叫ぶ赤ちゃんを抱いて出産の翌日から入院している間の5日間、毎晩泣きながら寝ずに頑張りました。

主人は毎日数時間しか私の病室に居ないで、殆ど親の家に呼ばれて行っていたみたいでした。

主人の親も私が疲れている等全く気にもしてくれず、いつも主人が疲れていないかばかり気にしていました。

 

頼る人もおらず、「一人で赤ちゃんを守って行かないと」と赤ちゃんが生まれた時にそう心に誓いました。

退院してから20日間、看護婦が毎日家に来てお腹に注射をしないといけないという事もあって、本当に痛くてしんどかったです。

私が出産をした病院の先生や看護婦さんの対応が悪かっただけかもしれませんが、もう2度とベルギーで出産する事は無いと思います。 

f:id:akasuguope03:20150828144135j:plain

著者:まりもママ 
年齢:40歳
子どもの年齢:5歳

私よりもずいぶん若い外国人の旦那さんがいます。私は専業主婦をしていますが、毎日育児で物凄く疲れてしまっています。子育ては大変ですが、子供の笑顔が見られればそれで良い!また明日も頑張ります!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。