妊娠・出産・育児の情報サイト


信じる者は救われる?34週の逆子騒動で体操&床掃除が日課に

f:id:akasuguope03:20150831110513j:plain

マタニティーライフは順風満帆と言うものではありませんでした。

20代で妊娠するのとは体が違うのかも知れません。

お腹の張りや血糖値などを気にしながら、何とか順調に赤ちゃんを大きくしていきました。


そんな妊娠9か月目の34週の事、突然病院のエコー検査で逆子と告げられました。

その前の週までは何の問題もなく、頭も下を向いていたのに、です。


驚きと言うほかありませんでした。

お腹の中はもうそろそろ狭くなり、回転する事もままならなくなるはずです。

心配が急浮上してきました。

突然の帝王切開の可能性に心の準備が追い付きませんでした。

 

まだ少し時間的に余裕があるとのことなので、お腹の張り止め薬を飲みながら逆子体操をすることになりました。

私が教わった逆子体操は、顔を床につけ腰を高く上げて維持するポーズです。

お尻を高く上げ、お腹を下に体からぶら下げるようにして赤ちゃんが回転を促すのです。

30秒間を数セット就寝前に行います。

加えて、横向きに寝る方法も指導されました。


毎日体操をしましたが、1週間経っても逆子は治っていませんでした。

先生からは引き続き体操を指導されましたが、自分でもほかに何かしたいと思い始めていました。

逆子の対策に適度な運動や床掃除がいい、という口コミを知りダメもとで試してみる事にしました。

 

部屋は二人暮らしのマンションで、床はそう広くはありません。

体調がいい時に、四つ這いになって部屋の床掃除をしました。

そうするとお腹が下に下がって、逆子体操のように浮く感じを覚えました。

この感じが逆子対策に良いと言われる所以かもしれないなと思いました。


そうしているうちに妊娠10か月の臨月を迎え、36週の検診に向かいました。

そろそろ帝王切開の日取りも考えなくてはならない時期です。

特に手ごたえも感じていなかったので諦め半分でエコー検査を受けました。

すると、いつの間にか逆子が治っていたのです。

この頃になると回る感覚が分かるらしいので、とても驚きました。


何が効いたのかわかりませんが、逆子は無事治り自然分娩で出産することができました。

もしかしたら床掃除がよかったのかも知れません。

悩んでいる方も最後まで諦めずに先生の指示に従って頑張ってくださいね。 

f:id:akasuguope03:20150831110849j:plain

著者:ベビーママ
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳

妊娠してからはつわりや体重増加など色々と気に掛けることが多かったです。生んだ後はスッキリでどんどん食べても太らない生活はハッピーでした。今はまたダイエット中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。