妊娠・出産・育児の情報サイト


和痛分娩を選択した結果、まさかの麻酔失敗!両足の感覚がなくなり、動かなくなって…そのまま自然分娩へ

f:id:akasuguope02:20160112215211j:plain

自分が出産するまで、「無痛分娩」と「自然分娩」は知っていたけど、「和痛」という言葉は聞いたことが無かった。

医者によって定義がかなり異なるようで、その痛みを和らげる程度は様々らしい。

私の担当医の定義は「自然分娩で感じる陣痛の痛みは感じつつも、それがピークになる頃には麻酔を投入し痛みを和らげる。分娩の際もいきむことは出来るがそれ以外の痛みはほとんどない」というものだった。

第一子の出産時、和痛分娩を体験した結果、きっと自然はこんなものではないんだろうな……という程度の痛みだったので、第二子もこの和痛で産むことに決めた。

 

当日。

陣痛の間隔がまだ余裕がある段階で、背中にいつでも麻酔を入れる管が差せるよう、入口となるチューブを装填しておく作業に入ったが、何か背中に刺さった瞬間、足が「ズクン!」と飛び跳ねた。第一子の時は無かった感覚だ。

その後、頭痛がし、時間が経つごとにどんどん酷くなっていった。

おかしいな……と思っていたものの、陣痛はあるし、とにかくそのまま横になっているしかない状況だった。

そしていよいよ陣痛の間隔が狭まってきて、麻酔を入れることに。

すうっと背中に冷たい感覚が走ると同時に、両足がだらんとして感覚が無くなり、動かなくなった。

これはおかしい、ということになり、すぐに背中の麻酔とチューブが外された。

 

医師から受けた説明によると、どうやら硬膜「外」麻酔のはずが、針が硬膜の中に、つまり髄膜を破ってしまったということだった。

髄液に麻酔が入り全身麻酔の状態なので、とにかく麻酔が切れるまでお産はできない、ということに。

幸か不幸か麻酔のおかげで陣痛も当然感じない。

麻酔が切れるまでおそらく5~6時間、それまでひたすら動かない体をベッドに横たえているしかなかった。

お腹の赤ちゃんには影響はないということだったけど、それでも心配で仕方なかったし、麻酔の影響で全身の体温と血圧が異常に下がり、毛布にくるまりガタガタと震えながら6時間を過ごした。

医師は「麻酔が切れる直前にお産ができるようコントロールします。なので和痛で行けます」と言ったが、そんなに上手くいくはずもなく、第一子とは比べ物にならないほどの痛みの中での出産となった。

おそらく、ほとんど麻酔は切れていたのだろう。

だが結果として赤ちゃんに異常はなく無事出産できたので、それだけが何よりだった。

 

しかしながら、産後の入院生活では頭痛は続き、起き上がることを禁止されたので、授乳も寝ながら行わなければならなかった。

不自由な入院生活だったことがとても残念。

退院直前に破った髄膜をふさぐ手術が行われ、退院後は普通に生活できたが、こんなことになるのなら自然分娩にしておけば良かったな…と心から思った。

麻酔は必ずしも成功するとは限らないようだ。

著者:イミテーションの母
年齢:37歳
子どもの年齢:6歳と1歳

5年前の出産&育児から明らかに変化(退化)した自分の体力とべらぼうに増えたワクチンの種類とはうらはらに、待機児童の数は5年前と何の変化も無いという驚愕の事実にただただ途方に暮れる二児の母。どーなってんだ行政コラー!!やる気あんのかー!とブツブツぼやきながら、今日もカタカタPCに向かっております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。