妊娠・出産・育児の情報サイト


先生、キレないで~~!出産後の分娩室で先生が看護師に激怒!会陰縫合もなんか雑!?

f:id:akasuguope02:20160113074604j:plain

f:id:akasuguope02:20160113071512p:plain

現在4歳の長男の出産時での出来事です。

予定日の1週間前で検診にきていた私は、朝から若干尿漏れのような感じがあると看護師さんに伝えたところ、奥の方で破水してるから、すぐ入院ね!と言われました。

検診後に夫と一緒に行く予定で楽しみにしていたマタニティコンサートに行けず、急な入院ということで、どうしようーとオロオロしていたのを覚えています。

 

お昼の12時頃から入院し、点滴などをしながら、陣痛を待っていました。

夕方6時頃からだんだん陣痛が始まり、それからはただただ痛みとの戦いでした。

痛みに弱い私は、なんとか痛みを和らげようと立ってみたり、横になってみたり。

旦那に腰をさすってもらったり。

何をやっても痛かったですが。。

夜中の3時頃から分娩台に乗り、ずっと頑張っていましたが、なかなか産まれず。

あまりに大量の汗をかき、服がビッショリでぐったりしていたのを覚えています。

途中で休憩しましょうと助産師さんに言われるほど。。

途中から夫も分娩台の横でずっと励ましてくれてましたが、なんで私だけがこんな痛い思いしなきゃなのとムカついてました。

 

私はどこかで、赤ちゃんが自分で出てきてくれると思っていました。

でも、どんなに力んでも出てこない。

「帝王切開に変えられないですか!?もうヤダー!!」とずっと弱音をはいていました。

波があるので、痛くない時は楽なんですが、痛みがくると力みたくなる。

でも産まれない。

ずっとこの繰り返し!?いつまで!?もうヤダー!!

 

でも、いつまでもこうしてはいられない。

酸素吸入しながら午前6時を過ぎたころ、「いい加減産まなくては!もう体力も限界だ!」と自分で決心しました。

看護師さんたちも「そうだよ、頑張れー頑張れー」と応援してくれ、最後の力を振り絞ると、「頭が出てきたよ!もうちょっとだから頑張れー」と。

ただ息子は片手を上げた状態だったため、首に腕が引っかかり、なかなか出てきてくれません。

もうどうにでもなれーと思いっきり力むと、会陰切開するからねーと言われ、スーとした感じが。

腰とかお腹の痛みが強すぎて、切開時の痛みは全く感じませんでした。

産まれるならどこでもいいから切ってくれー!!本当にそんな感じでした。

そんなこんなで何とか頑張ると、やっと息子に会えることができました。

へその緒は夫に切らせてもらえる病院だったので、夫がジョキッと!

ホースを切った感覚みたいと言ってました。

 

とりあえず、「やっと母親になれた!息子に会えた!痛みに耐えた!頑張った自分エラい!」と余韻に浸りながら、分娩台で横たわっていると、先生が厳しい声で、「なんで報告しないんだ!命預かってるんだぞ!」と看護師さん達を叱りはじめ。。

よく聞いていると、首に腕が引っかかっていたため、もっと時間がかかりそうな時のために、吸引分娩の準備もしていたとのこと。

実際は普通分娩だったのですが、吸引分娩の器具を勝手に準備していたこと、準備したことを報告しなかったことに切れていたようです。

私は後にしてくれよと思いながら、途中から隣に寝かされた息子をずっとなでなでしていました。

 

ところが、痛い!!

会陰切開したところを先生が縫合し始めたのですが、なんか雑!?

切れるのは勝手ですが、イライラをこちらにむけないでー。

もっと優しく縫ってー。

途中であまりにムカついたのかハサミもガシャンっと音をたてて作業してる。。

あー、やめてー。

なんとか処置も終わり、病室に戻ると、廊下で待っていた旦那もなんかキレすぎだよねー。ビックリしたよ。と。

はじめての出産は散々な終わり方でした。今となっては良い思い出です。 

著者:まいこ

4歳の男の子、1歳の女の子のママをしてます。

二人目の育休中に夫の転勤が決まり、自治体職員を退職し、今は専業主婦をしています。

早く仕事をしたいですが、二人が小学校に入学するまでは育児に専念しようと決心し、毎日のんびりとすごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。