妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛と肛門の痛みのダブルパンチ!和痛分娩にしてもやっぱり痛い!

f:id:akasuguope02:20160118165101j:plain

f:id:akasuguope02:20160118121242p:plain

私は、妊娠がわかってからずっと夫が単身赴任だったため

基本一人で妊娠中は仕事をしながら過ごしていました。

そのため、陣痛がきたらどうやって病院に行こうかと悩んでいました。

なので、お腹の赤ちゃんにはいつも夫がいる時に出てきてねと

話しかけていました。

(正期産中は週末ごとに夫にきてもらい一緒に検診に行ってもらっていました。)

 

予定日を後10日ほどに控えた検診日、先生からまだまだだねと

検診で言われそのままショッピングへ。

ただ、ショッピング中軽い生理痛のようなものがずっと続いていました。

その夜トイレに行くと、血のようなものがついていたので

もしかしておしるし?かと思ったのですが

検診時の消毒液かそれとも内診のせいかもと思いそのまま。

 

夜中になっても生理痛のような痛みは治まらず

だんだんと痛みは増して、もしかしてこれ陣痛なのかも知れないと

陣痛アプリで時間を計りました。

かなり時間は不規則(8分から15分間隔くらい)だったのですが、

とりあえず朝までうとうとしていました。

 

次の朝、病院へ早速電話をしました。

しかし、間隔がまだ長いしバラバラなので等間隔で10分くらいに

なったらまた電話してくださいとの指示。

その日は、結局痛いまま1日を家で過ごすことに・・・。

ただ、その日の夜は痛みが強くなるたびに身体がピクッとなってしまい

目が覚める、そしてうとうとするのずっと繰り返しでした。

 

翌朝、陣痛アプリは短い時間は5分。

ただ、時間はバラバラではありましたが10分を切ることが

多くなってきたので1度病院へ受診することになりました。

受診の結果は、まだまだ産まれそうにはないが

そのまま入院することになりました。

しかし、その日はやはり産まれる兆しもなく・・・

5分間隔の陣痛ではあるものの子宮口はまったく開かない状態でした。

 

なので、夫には1度帰宅してもらい、私は眠剤を処方されました。

でも、もう短い間隔でくるずっと続く痛みに眠剤をのんだものの

痛みがくるたび、前日の痛みよりはるかに強い痛み中

ほとんど寝れず、少しうとうとすると痛みでピクッと目が覚めるの

永遠の繰り返しの夜でした。

 

陣痛かもと思った日からすでに4日・・・

さすがに体力がなくなってきました。

あまりの痛さにだんだんと食事もとれなくなってしまった私。

この日、何度も看護師や助産師の方が様子を見に来てくれるも

子宮口はなかなか開かずぐったりでした。

 

すると、助産師にもしかして破水しているみたいと言われ

(私はまったくわかりませんでした。)

検査の結果、前期破水

そして、この破水が私をかなり苦しめることになりました。

 

破水箇所が上の方のため、羊水が下にたまってしまい

肛門を圧迫し始めました。

肛門・膣・尿道はみんな近くにある臓器のため

この圧迫により陣痛ではない間は、肛門が痛くて痛くて

陣痛、肛門の痛みの繰り返しになってしまい、

ずっと痛みからの解放がなく私はさらに体力を奪われていきました。

 

腰痛も出てきて、本当に肛門の痛みと陣痛の痛みを耐えるのが大変でした。

その間、夫は横でクロスワードしてました。

男性はやはり他人事なんだなと思いました。

 

私はこの痛みのせいで食事をほとんどとれず体力がなくなったせいもあり

微弱陣痛との事。

こんなに痛いのに。。微弱なんてと思いました。

 

そんな私は、和痛分娩(麻酔)を希望していました。

その病院は、子宮口が5センチまで開いたら麻酔処置をするとの事でしたが

なかなか5センチまでひらかず、

私は微弱陣痛だったので、結局すぐには処置してもらえませんでした。

やっと、麻酔処置をしてもらったのですが、

腰に針を刺し(エビみたいに身体を丸めて腰に針を刺します)

胸のあたりまで管を持ってきてそこから麻酔が入ります。

身体を動かしては行けないのですが、動いてしまったため

1度目は失敗してしました。

 

やっと、処置が終わり・・・

少しするとまったく痛くない!!!

夢のようでした。

ただ、お腹の張りはよくわかるため、陣痛がきていると

お腹が膨らむような感覚になりました。

すぐに部屋に戻り食事を少し取りはじめたのですが・・

その間、陣痛促進剤をかなりのペースで点滴されていて

点滴はすごいスピードで落ちていました。

 

少しすると、なんだかお腹が痛くなってきました。

そう、私は和痛処置をしたらもう痛くないものだと思っていたのですが

(病院によって違うと思います。)

その病院は、1時間もするとかなり痛みが戻ってしまうくらいの

麻酔の処置(個人により)でしかなかったのです。

その後、すぐ麻酔を入れてもらえるとかでもなく、

すぐにあの、陣痛の苦しみがやってきました。

食事もあまり食べてはいなかったため、やはり体力は回復していません。

 

そして、ものすごいスピードで投与されていた陣痛促進剤。

NSTは、ずっと陣痛MAX状態を示していました。

(波上ではなく、上の位置のまま・・・)

あまりの状態にナースコール連打していました。

陣痛促進剤の投与を弱めてもらいました。

そのおかげか、少し子宮口は開いてきたものの、

出産はまだまだでした。

あまりの痛さに何度も麻酔の追加を聞くも・・

もう少しがんばってねとだけ言われました。

 

夜も7時を過ぎた頃、分娩室へ案内されました。

そこでやっと2回目の麻酔投与。

すーっと痛みがなくなり、お腹の張りを感じながらしばしの休息でした。

その間、何度か先生が様子を見にきてくれるもまだまだだねと言われ

そのうち、2回目の麻酔が薄れてきたころ

(2回目の方が麻酔が長くきいていたと思います。)

 

先生が、子宮口9.5センチくらいかなと言い

一言。。。出してみるかと言いました。

そして、すぐ何も言われず会陰切開されたようです。

夜も遅かったため、スタッフの人数も少なかったようですが

左右に看護師が一人ずつ、足元に先生、右上に夫がいました。

 

右の看護師がいきむタイミングを教えてくれましたが

ちっとも出そうになく・・

先生は、子宮口をぐいぐい開いているようでした。

(一応麻酔が効いているので、激痛ではなかった)

数度がんばるも出そうにないので、吸引分娩することに。

 

右の看護師の声にあわせ、いきむ私。

左の看護師は、私のお腹の上に乗りぐいぐい押し、

先生は下から吸引という状態。

私は、これでもかと張るお腹に呼吸法なんてまったく思い出せず

ただただいきんでいましたが、

赤ちゃんに酸素が行きませんと言われ、上から酸素吸入器がでてきました。

酸素マスクをつけられ、再度チャレンジ。

やーっとの思いで産まれました。

 

その間、夫はがんばれーとか右上で言っていた気がしますが

いきむのが精いっぱいであまり覚えてませんww

 

そんな状態だったので、私はかなり膣を裂傷し長い間処置をされました。

出血も多めでした。

 

出産を終えた後思ったことは・・

和痛分娩でもやっぱり痛いなということと

とにかくお腹がすいた・・でしたww

夜中の1時、病室に戻った私はおにぎりを貪りました。

出産は食べないと乗り切れないなと強く思いました。

 

著者:nyanko

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。