妊娠・出産・育児の情報サイト


破水からの出産

f:id:akasuguope02:20160204202743j:plain

f:id:akasuguope02:20160204201501p:plain

38週4日、掃除中お昼にちょっと水っぽいものがでる。

でも、気のせいと思い、様子見。

夜22時頃、再びちょっと水っぽいものが。

シャワーは一応控えて、寝る。

翌朝4時、またも水っぽいものが。

これはやっぱり破水?と思い、産院へ連絡。

午前中病院へ行き、診察。破水のため即入院。

 

抗生物質を処方され、病室へ。

このとき子宮口1.5cm 全く陣痛なし。

陣痛促進のため、ちょっと運動しましょうといわれ、1時間ほど院内の階段登り降り。

全く起きず、シャワーへ。

 

夕方先生から

破水から24時間が経過してるので、

赤ちゃんにとってもよくないので、

明日促進剤をしましょうと言われる。

 

夕飯をゆっくり食べて、就寝…

 

と思ったら、12時頃急に陣痛が!

いきなり4分間間隔!

ちょっと耐えてみるも、変わらないので、

ナースコール。

しばらく様子見…1時間後。

まさかの子宮口9cm!

 

急いで夫に電話して、来るように連絡。

2時前に夫が到着。一緒に分娩台へ。

 

はじめは下腹部が痛くって、

最後は腰が痛かった。

 

頭が見えて、また戻る…

この繰り返しの部分が辛かった。

腰が砕けるかと。

 

思わず、

砕けませんよね?って陣痛の合間に聞いてしまったぐらい。

 

はじめに頭が見えて触ったときは、あまりの柔らかさと出てきているという実感で感動。

 

最後に体を持ち上げて、自分の胸の上に抱いたときは感無量。

 

へその緒は夫がカット。

一般よりも太かったようで苦戦していました。

 

しばらくするとおっぱいを探しているのか、モゾモゾする我が子。

助産婦が、乳首のそばまで連れてくると、

パクリと口に入れて、しゃぶっていました。

本能ってすごいと感動。

生まれて5分後のことでした。

 

そんな中、

会陰の避けた部分を縫われ、

陣痛と匹敵するぐらい痛かった。

 

胎盤を見せてもらい、こんなのが入ってたなんてビックリ。脂っこいもの食べてたことが、胎盤から、ばれてしまいましたが。

 

そんなわけで、

破水からは1日半で、

陣痛からは4時間で

無事に誕生した我が子です。

初産にしては早いそうです。

著者:えいみりん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。