妊娠・出産・育児の情報サイト


突然の妊娠判明!酷いつわりで休業するも、無給でメール処理に追われるハメに…

f:id:akasuguope02:20160128182150j:plain

f:id:akasuguope02:20160128172642p:plain

つわりは突然胃腸炎を起こしたのかと思うほどの強さで現れました。

産婦人科で診察を受け、2ヶ月目といわれて正直動揺しました。

その頃、義理の両親の葬儀が続き、職場に大きな迷惑をかけていたこと、組織改編で自分が中心となって新たな組織を運営していく必要があったことが大きな理由です。

体調が落ち着いていればぎりぎりまで仕事をして、産休も短めにと考えていましたが、甘かったです。

胃腸炎のような状態が落ち着いてからも、車酔いをしたまま軽バンに乗せられて舗装されていない山道を延々登るかのような気持ち悪さが続き、仕事中も意識が遠のくことがたびたび。

ある時、とうとう脱水を起こして点滴を打つことになりなした。

 

仕事のことが気になりながら休業しましたが、毎日大量の業務メールが届き、ベッドで回答していました。

結局無給で在宅勤務をつづける状態となり、そのストレスからか、つわりは長引き、その後一時的に体調が戻り職場に戻りましたが、その後不明熱が続き転院。

しばらくして切迫早産と診断され、結局また自宅安静に。

在宅勤務状態は現在も続き、そのストレスが胎児の成長を妨げている可能性があると指摘もされておりますが、職場からの配慮は全くありません。

ただ、身体が辛いときに横になれることだけが救いです。

 

つわりの時期から毅然とした態度をとれていればあるいは変わったかもしれませんが、迷惑をかけているという思いから難しかったです。

これからの妊婦さんは、自分のためではなくおなかの子どものために、勇気を出して休む選択が必要なときがあるとおもいます。

 

著者:ぼっこちゃん

結婚して5ヶ月で子どもを授かりました。仕事のキャリアを積む時期でしたので戸惑いが大きかったものの、今はどんな子どもと出逢えるのかなと、子育てプロジェクトに夢中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。