妊娠・出産・育児の情報サイト


イクメンっていうのはそういうことじゃない!仕事と家事育児の両立に悩む日々、夫の態度にプッチーン!

f:id:akasuguope02:20160201131811j:plain

自称「超イクメン」で、おむつ換えからお風呂、離乳食作りまで、よく育児参加している夫。

ママ友から聞く旦那の愚痴といえば、「家で何もしてくれない」ということばかりなので、私はみんなの不満を聞きながら(うちの夫って実はかなりいいほうかも〜♪)なんて思っていました。

 

でも、第二子が生まれ、私も仕事量を増やし始めると、家事育児の負担をものすごく感じるようになりました。

私は在宅仕事で一日中家にいるのに、子どもが2人いるとちっとも仕事をする時間が取れないんです。

朝起きてお弁当を作り、長女を幼稚園に送り、買い物をして帰ったら掃除洗濯。

あっという間にお昼になり、次女に昼ご飯を食べさせて幼稚園のお迎え。

日中はいつも「私、いつ椅子に座ったっけ?」状態です。

 

やっと少し時間が空いても、パソコンの前に座ると次女がひざ上に這い上がってきて邪魔したり、長女は長女で「これ見て〜!」「これ開けて〜!」「お茶こぼした〜!」と、休まることのないママコール。

何をそんなに呼ぶことがあるんだろうか…。

私はもう脱力してパソコンに向かうのを諦め、仕事は全て夜に回す。

しかしようやく夜になっても、次女が泣いて起きるだびに授乳しに行かなければならない…。

仕事は全く終わらず、睡眠時間がどんどん削られ時間だけが過ぎていく。

気持ちばかりが焦ってイライラが募る日々。

 

一方の夫は、育児参加はしても、家事については妻の仕事だという認識から抜けられない様子でした。

でも、私も仕事をしてるんだから、家事だって分担じゃなくちゃおかしい!

そこで、忙しさMAXだったある時、幼稚園のお弁当作りから送りまでを夫に頼んでみたんです。

すると、夫はめちゃくちゃ不機嫌になり、かばんをバンッと放り投げて、娘に乱暴な口調で「おい早くしろよ!行くぞ!」と。

そこで私、プッチーンですよ。

「ちょっとまって。何その態度?たかが幼稚園に連れていくだけのことがそんなに不満?なんでそんなにイライラ感出しちゃってんの?私はそれ、毎日やってるんだけど?」

積もり積もった感情が溢れ出し、溢れ出す涙。

「あなたは毎日子どもと離れたところで自分だけの時間で仕事をやれるんでしょ?私は仕事もやりながら子どもも見てるんだから!イクメンっていうのは子どものかわいいところだけを見て適当にかまっていればいい訳じゃないんだよー!!!

 

その後、少しずつですが家事をやるようになった夫。

でも今思えば、ケンカする前に家事分担についてもっときちんと話し合う機会を作っておけば良かったのかもしれません。

自分の大変な状況を相手に察してもらいたいなんて無理な話ですしね。

家事分担については、これぞ平等!という決まった振り分け方もないので、その後もちょくちょくぶつかり合いながら、ちょうど良い落としどころを探りつつ日々生活しています。

 

f:id:akasuguope02:20150527225021j:plain

著者:宇都宮薫
年齢:35歳
子どもの年齢:5歳と2歳

フリーランスのママライター。5歳、2歳の娘と同業者の夫との4人家族。なんでも手作りするのが大好きで、今年は味噌作りに挑戦しようと思っている。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。