妊娠・出産・育児の情報サイト


予定日まで2ヶ月なのに全治2ヶ月の肋骨骨折?!しかも原因は突然の咳喘息

f:id:akasuguope03:20150911125619j:plain

第2子妊娠中のお話です。

 

1人目の気楽な妊婦ライフとは異なり、2人目は大きなトラブルに巻き込まれました。

妊娠26週頃から就寝中にが止まらなくなりました。

寝ていられないほどのき込みです。

寝ている子供を起こしてはいけないので別室でイスに座ってひたすらを沈め、なかなか止まらないに疲れて、イスに座ったまま朝を迎えるという日々が始まりました。

 

妊娠29週の健診で胎児に影響のない止めを処方して頂き、これを飲めばもうとはさよならだ!と思っていました。

しかし止めを飲んでもひたすら眠くなるだけで、普通にしている時でもがひどくなり、さらに就寝時になるとが止まらなくなる・・・という繰り返しでした。

あまりにもひどいなのでこれは何か悪い病気にかかってしまったのではないか、結核とか肺に関わる大きな病気かもしれない、不安に駆られ内科を受診しました。

 

始めて受診した内科でしたが、お医者様に妊娠中であることやが止まらなくてつらいこと、多くの不安を全部話ました。

すぐに肺のレントゲン検査をして、血液検査をしてもらいました。

肺の写真はキレイで、結核や肺に関わる大きな病気ではないとのことでした。

産婦人科で処方された薬は妊婦が飲むには意外と強いのでそれはやめて、妊娠中でも安心して使用できる「吸引薬」を処方してもらいました。

1日3回、薬を口から吸うだけのものでした。

飲まないのに効くのか不安でしたが、とても良いお医者様だったことと何がなんでも治したいという気持ちから吸引薬を吸い始めました。

 

血液検査が出るまで3日ほど。吸引薬でほんの少しが良くなっていたのですが、ふとした瞬間にが止まらなくなることはすぐには改善しませんでした。

 

そして内科受診から2日後。夕食の片づけをしている時に、が止まらなくなりました。
おなかの中の赤ちゃんはこのですごくおなかの居心地が悪いだろうし、何か赤ちゃんに障ってもかわいそうだとずっと思い続けていて、その思いから思わずから逃れるように体をよじっておなかをかばいました。

その瞬間…!!!

左の横っ腹に変な痛みを感じました。

捻挫したような、ひねったような…それよりも痛い、経験したことのない鈍い痛みでした。

痛みからなかなか寝付けず、さらにがでるので横っ腹も痛い、私の体に何があったの???と不安に駆られました。

 

そして、翌日内科を受診。

血液検査の結果、アレルギー反応から起こる「喘息」でした。

処方された吸引薬をしっかりと服用することでが緩和されていくとのことでした。

の原因がわかって安心ができたのですが、前日の横っ腹激痛事件をお医者様に話したところ、一度整形外科を受診した方がいいとのこと。

その足で整形外科に行きました。

そして出た結果は・・・『肋骨骨折』でした。

肋骨はわずかな衝撃でも折れたり、ひびが入ったりしやすく、長く続いたとおなかをかばって体をひねったことが原因でした。

 

それはそれはショック。

肋骨骨折は全治2ヶ月、出産予定日までちょうど2ヶ月でした。

階段の昇り降り、鞄を肩にかける、そんなことですら体は痛みました。整形外科では2ヶ月間安静にしなくてはならないとのことでした。

が、しかし、1人目の子供がいるため安静にしていることもできず、提案されたコルセット。

出産に向けてどんどん大きくなっていくおなかを抱えてはコルセットなんてはめられません。

気持ち的に支えてくれる感覚のある大きな湿布を貼ってどうにか持ちこたえるという感じでした。

 

大切な妊娠中なのに、それまで患ったことのなかった『喘息』や『肋骨骨折』。

いったい私の体はどうなっているの?

お医者様が言うには

「妊婦さんはおなかで育てている赤ちゃんの方に力が回るから、どうしても弱くなりやすい」

とのことでした。

肋骨骨折のまま、出産時いきむことができるのか、このは止まるのか、そして何よりおなかの赤ちゃんは大丈夫なのか、不安で悲しくて仕方ありませんでした。

 

吸引薬を服用して10日ほど経つとが少しずつ治まり、そして1か月ほどで喘息がよくなりました。

肋骨骨折は1か月ではやはりよくならず、少しずつ少しずつ良くなっていくようでした。

1か月ほどで痛みが少しひいて、出産までに絶対に最高のコンディションにするんだ!と思い出産に備えました。

出産予定日1週間ほど前になると肋骨の痛みも消えて体調がよくなりました。

 

そして、出産。

無事に元気に生まれてきてくれました。

あんなにつらい日々があったのに、おなかで居心地悪かっただろう赤ちゃんは本当に元気でした。

まさしく奇跡でした。

 

f:id:akasuguope02:20160202161846j:plain


著者:きみせら 
年齢:33歳
子どもの年齢:1歳9ヶ月、4歳

二人の子供のママです。毎日子育てに奮闘!大切な宝物の子供に恵まれて本当にありがたく幸せです。それでも普段は鬼ママになってます。こども、かわいいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。