妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛室のトイレにて。「ウ◯チが出ません!」「それ赤ちゃんだから出しちゃダメ!」

f:id:akasuguope02:20160201150427j:plain

f:id:akasuguope02:20160201131032p:plain

予定日前日の12月24日。朝5時半、ぽたぽたと少量の血が。

病院に行くと、一応入院でした。

破水かどうかも定かではないと言われ、その後は特に変化無く、病室で寝ていました。

午前中、看護師さんがやってきて「赤ちゃんの心拍が低下している。」と。

そこで呼吸法を教えてもらい、実践すると安定したようです。

呼吸法ってすごいですね。

 

午前中から陣痛誘発剤を点滴していました。

15時頃から少し痛いかな、という位でした。

夫には一日仕事をしてきていいよと言っていたのですが、夫は昼頃帰ってきました。

「そんなに早く帰らないでいいよ!」と言ったのですが、結果的にはそれが正解でした。

 

15時頃からは陣痛が少しずつ強くなり、17時頃はかなり強かったみたい。

でも、午前中、看護師さんに「陣痛の痛みはこんなもんじゃないよ!さあ、来い!と思っとかなきゃ」と言われていたので、「まだまだこんなもんじゃない!!」と言い聞かせていました。

でも、今思えばあればMAXに近かったのかも。看護師さんにうまくだまされました(笑)

 

17時頃から益々痛くなってきた。

18時。私の分の夕飯は夫に食べてもらうため、別室に夫移動。

付き添いに来ていた母も「ほんのちょっと」外出。

 

18時15分頃。私は「なんか、ウ○チもれそう。トイレに行こう」と思い、看護師さんに連れて行ってもらいました。

しかし。。。ウ○チが出ない。

「もう終わった?」とトイレの外から声をかけてもらったので「なんか、ウ○チしたいのですが、出ません!」と言うと「それ、赤ちゃんだから、出しちゃダメ!」という慌てた声が。。。

その後、看護師さんもお医者さんも大慌てで分娩室の準備。

夫もクリスマスディナーを食べようと箸を取ったところを電話で呼び戻され。。。

 

私はと言えば、赤ちゃんを出さない、つまり力まないことに必死でした。

なんとか分娩台に上がり、その瞬間破水

「18時28分破水。」という看護師さんの声。

「いきんでいいよ。」と言われ、うーんと力む。

もう一度、と思ったら「もう出てる!りきんじゃダメ!」「え??」

と思ったら一回で生まれてました。

その時間、18時34分。

産むときの痛さと言うより、その後の、避けた膣の縫合の痛さを覚えています。。。

 

ちなみに、母が慌てて戻ってきたときには無事に生まれていました。

するっと生まれて、親孝行の息子です。

これも、お医者さんが「いざとなったら帝王切開してあげるから、思う存分がんばってごらん。」と言ってくれて待ってくれたから良かったのかも知れません。

看護師さん達は真夜中の帝王切開手術を覚悟していたそうですが、無事にあっという間に生まれて、皆さんびっくり&祝福してくれました。

 

そうして生まれた息子は、生まれて直後のまだ素っ裸の時におしっこを盛大に飛ばし、夫におしっこをひっかけるというほほえましい騒動も起こしたのでした。

出産前は「頭が大きすぎて産道を通るか分からない。」と言われていたのですが、何のこと無く生まれてくれて。

出産は本当に何があるか分かりませんね! 

著者:みっちゃん

30才をとうに過ぎてからの結婚、出産。仕事の心配なども乗り越えて、現在育児奮闘中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。