妊娠・出産・育児の情報サイト


待ちに待った妊娠、だけど食べ悪阻がやってきて…体重が見たことない数字に!

f:id:akasuguope03:20150911211621j:plain

 私が妊娠したのは、27歳のときでした。

もとは身長160cm。体重46kg。

一番重くて、高校生の時に55kg。

そこまでしか増えたことはありませんでした。

 

私、妊活に励んでたんです。

パパに孫を見せたかったし、あかちゃんが欲しかったからです。

アプリ使って、排卵日はいつなのか調べて、毎朝、基礎体温測って狙ってエッチしてました。

でも、その時に限って、疲れて寝られてしまったりするので、主人にイライラしたことは沢山ありました。

 

生理の予定日のちょっと前には、そわそわして、生理こなかったらいいなとか、ちょっと遅れてる、もしかしたら… とかって、思っても毎月生理が来てたんです。

毎回ショックでした。

何個も検査薬を無駄にしました。

 

朝ごはんに食べよっって思いながら、検査薬が目に入って…

どうせないやろなーと思いながら、残っていたラスト1個の検査薬をやってみて…

まさかでした。

見たことのない表示で、ハッキリくっきり、ラインが出ていて、パン食べて直ぐ産婦人科へ行きました。

 

まだ2週目であかちゃんの袋がみえているだけでした。

けど、すごく嬉しくて主人に報告しました。

その時は、幸せな気持ちでいっぱいでした。

 

2ヶ月目くらいのころだったと思います。

3日間くらい、食欲ないし、気持ち悪いしで寝たきりが続きました。

お風呂にも入る元気がなくて、汗はかくから、頭はギトギトで臭いし、いっしょに寝ていた主人には申し訳なかったです。

 

不思議と4日目には、お腹が減ってきて、おにぎり、ヨーグルト、パイナップル、アイス…色んなものが食べられるようになったんです。

逆に食べていないと気持ち悪くてしんどかったくらいでした。

そう、いわゆる、食べ悪阻です。

満腹になれば一旦は落ち着きますが、すぐになにか食べたくなりました。

毎日がその繰り返しでした。

 

毎回、検診に行くたびに怒られていました。

1ヶ月の間に、5kgずつくらい肥えていて、私がとった対策は、ガムを噛むことと、飴を舐めることでした。

けど、ガムの噛みすぎで顎がやられました。

飴も舐めすぎて舌がやられました。

 

結果、ピーク時には65kg…見たこともない数字になってしまいました。

さすがに本当のことは言えなくて、母子手帳には最高でも64kgになってます。

(たった1kgの差ですけど、響きが全然違いますよね?)

 

出産して、あかちゃんは2966gでした。

20kg分…ほぼ私の贅肉になってたんですね。

 体重計に乗るのが、めっちゃ怖かったです。

 

ここで、食べ悪阻で肥えた人にいいお知らせです。

私、産後4ヶ月で元の46kgに戻れました!!

おっぱいあげてると、自然と減っていきます。

ほんとうは大幅に体重増やさないように、気をつけるのがいいんでしょうけど。

食べ悪阻なんだから、仕方がなかったかなあと思ってます。

 

f:id:akasuguope02:20160203225732j:plain

著者:harunappe
年齢:28歳
子どもの年齢:4カ月

4ヶ月のおんなのこのママです。初めての妊娠出産。そして育児の毎日です。まだまだわからないことばかりですが、妊娠さんのお役に立てればいいなと思っています! 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。