妊娠・出産・育児の情報サイト


ママ友ができず、孤独な育児生活。でも産後3ヶ月、散歩デビューで世界が変わった

f:id:akasuguope03:20150915135844j:plain

妊娠前から社宅に住んでいたのですが、ママ友は1人もいませんでした。

友達を作っておかないと、子供も自分も寂しい・・・とは思っているものの、近所付き合いすら薄い状態。

不安に思いながらも、妊娠し、無事に出産しました。

 

その後も1~2ヶ月は、赤ちゃんへの影響も考えて、あまり外出しなかったため、交友関係に変化はありませんでした。

産院での病室も、友達ができたらいいな~と大部屋にしたのですが、手応えは全くなく…初めての子育てで煮詰まっていた部分もあって、ストレスを1人で抱えるような状態になりました。

1日中子供と過ごす私とは違って、夫は子供の可愛い部分のみ見ることの方が多いから、相談してもモヤモヤが残るんですよね。

 

しかし、3か月を過ぎて毎日散歩へ行くような生活を始めたら、ガラッと一変しました!

次々と友達ができたのです。

赤ちゃんがいると、相手からもどんどん話しかけてくれるんですよね。

それが嫌だと言う方もいらっしゃいますが、私はとても嬉しかったです。

 

そのうちに、育児の相談や、実体験を聞いたりもするようになり、心が軽くなったのを覚えています。

今までは、挨拶程度だった近所の人とも、物々交換をするまでに仲良しになりました。

 

ある時ふと、なんで妊娠前から出産までに、ママ友が出来なかったのか気づいたんです。

子供のいる家庭と、我が家では行動時間が違ったんです。

いやいや、あたりまえだし!と、思うかもしれませんが、私には盲点でした。

子供の行動時間は昼間ですもんね。

その時間帯は私、お昼寝してたな~と反省しました。

友達が増えないのも、当たり前です。

 

それに気づいてからは、子供たちの声が聞こえたら、散歩にでるようにしました。

子供が成長して、動ける範囲、やれる事が増えるにつれて、同じくらいの月齢の子のママたちとも出会うようにもなりました。

今では、外に出れば、子供は誰かしら友達がいるし、自分はママ友とのおしゃべりを楽しめるので、ストレスもありません。

 

単純なことなのですが、子供の行動範囲が広がると、交友関係も広がっていくんですよね。

我が家の子たちは、積極的にみんなの輪に入って行けるタイプだったのも、良かったのかもしれません。

親子ともに交友関係が広がって、とても有意義な毎日が過ごせています。

f:id:akasuguope02:20160205133203j:plain

著者:harumitsu
年齢:25歳
子どもの年齢:4歳、2歳、6か月

3人の娘を育てている、専業主婦です。子供と、何かを作るのが今のハマっていることです。最近はよく、紙やリボンを使って、簡単なドレスを作り、プリンセスごっこをしています。その他にも、ベランダで家庭菜園をしていて、季節ごとの野菜で料理を作って楽しんでいます。 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。