ゼクシィBaby みんなの体験記


母乳からママの免疫をもらっているはずでは?!生後2ヶ月から病気を繰り返した次男

f:id:akasuguope03:20150917133602j:plain

我が家には4つ年の離れた男の子がふたりいます。

 

長男が幼稚園年少の11月、次男が生まれました。

次男は、母乳をよく飲み、生後1ヶ月頃には、生まれた頃の面影がまったくなく、丸々として別人のようでした。

そんな見かけから、とても丈夫そうに見えた次男ですが、2ヶ月頃、深夜に38.4度の熱を出し、小児救急電話相談に電話して、夜間に小児総合医療センターを受診しました。

 

2ヶ月頃の乳児が高熱を出した場合は、重篤な病気の可能性があるので、血液検査や尿検査、レントゲンなど、一通りの検査をします。

そのときの担当医は、乳児を診るのが初めてのような雰囲気で、きっと研修医だったのではないでしょうか。

ちょっと口元から乳がこぼれただけで、嘔吐したと言ったり、なかなか採血ができなかったり、尿管をうまく通せなかったりして、かなり慌てている様子でした。

 

結局、早朝までかかった検査の結果、特に異常は見つからず、朝には熱も下がりました。

熱を出す数日前に、長男の幼稚園のお友達十数人が集まって遊ぶ機会があり、そのときに、マスクをしているお母さんがいたので、もしかすると、そこで風邪をもらってしまったのかもしれません。

その後も、アデノウィルスやRSウィルスに感染したりして、2才直前までは病気がちで、喘息のような発作もよく起こしていた次男ですが、徐々に体力がつき始め、この1年間は発作を起こしていません。

 

あれだけ丸々太るほど母乳をたくさん飲んでいて、免疫がつかなかったのは大変ショックでしたが、母体にその病気に対する抗体がなければ、当然、赤ちゃんにも免疫はつかないのです。

我が家の次男だけではなく、まわりでも第2子以降は生後2~3ヶ月の頃から体調を崩したという話をよく聞きました。

 

乳幼児が母乳のおかげで風邪をひかないという話は、そもそも、そんな小さな赤ちゃんが、大勢人が集まるようなところにはいかない、という前提の上に成り立っているようです。

母乳による免疫力を過信せず、母親自身が子供を守るための行動を取ることも必要なんだと感じました。

f:id:akasuguope02:20160212230229j:plain

著者:nico
年齢:38歳
子どもの年齢:6歳、2歳

CM制作会社退社後、フリーのイラストレーター。 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。