妊娠・出産・育児の情報サイト


子育てしてわかった『パートナー』の意味。良いところを伸ばし合う夫婦でいたい

f:id:akasuguope03:20150919092851j:plain

産前産後イライラしちゃうのですが、子供が出来たのは主人のおかげでもあり、我が家の家族の形になれたんだからと、主人にはとても感謝しています。

妊娠期間は不安定でマタニティーブルーになりやすいので、気を遣ってくれていたと思いますし、なんだかんだ言ってもよく動いてくれていたと思います。

 

慣れないながらも、オムツ替えも家にいる時はしてくれていました。

ミルクを作ったり、寝かしつけや食事の介助なんかも休みの日はパパの仕事。

わたしはその間に普段出来ない所の家事をしたり、服を整理したりしていました。

多分一人では全て出来ないと思います。

 

また主人は、寝かしつけが上手くて感心していました。

肩が広く安定感のある体型だったせいか(?)、必ず寝てくれていました。

主人は私が疲れて寝ているのを見て、泣いた息子を抱っこしたまま寝ていた事もありました。

 

下の子の妊娠中は、パパが上の子を実家に連れて行き、一緒に遊んで泊まってくれたりしたこともありました。

これは1人になる時間が出来てスッキリして、一番ありがたかったです。

他にも、悪阻がひどい時はお弁当はいらないよと言ってくれたり、レンジでチンした弁当でいいとも言ってくれました。

 

子供が産まれて、初めてパートナーがいることの意味が分かりました。

夫婦だって人間だし、他人だからイライラする事もかなりありますが、やっぱりいてくれて良かったと思いますし、子供と一緒に寝ている姿を見るとほっとします。

 

産後は鬱になる人がいるくらいナイーブな人もいるから、子育ては夫婦の協力があってこそだと思います。

サポートがないと、ママは多分壊れてしまいます。

 

愚痴を言えばきりがありません。

お互いの良いところを見つけて子供同様伸ばしていければ、感謝にも繋がるような気がします。

パートナーへの感謝を感じつつ、余裕を持って子どもに接することができることに幸せを感じる毎日です。

f:id:akasuguope02:20160215095550j:plain

著者:ゆみ
年齢:26歳
子どもの年齢:3歳、1歳

2歳差で可愛い兄妹がいる2児のママです。兄妹は本当に可愛いですがもう一人女の子が欲しいと最近願っています。30前には欲しいなって思います。いつまでも若いママでいたいと思っている26歳ギリギリアラサー前のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。