妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠と夫の鬱病が同時に!この冷たさや無関心はパタニティブルーのせい?!

f:id:akasuguope03:20150922071718j:plain

結婚して2年目、子供を授かる事ができました。

夫も子供が欲しいと言っていましたし、私自身もそろそろ子供を持っても良いかな?というタイミングで授かれたので、妊娠が判明した時は嬉しかったです。

 

夫も妊娠判明時、とても喜んでくれました。

ですが、私のつわりが終わったころからなんだか様子がおかしくなりました。

職場の人間関係や生活の変化でいわゆる鬱病に。

ただ悩んでいるだけでなく寝たら起きない、吐き気や頭痛の症状があり、つわりがうつったの?と思うくらいの体調不良でした。

 

近くに心療内科が無かったので精神科を受診して通院生活が始まりました。

初めての妊娠で不安なことも多いし、身体も不自由なのに頼りたくても頼れない。

そんな辛い日々でした。

なんでこのタイミングなんだろう…と毎日、悩んでいました。

 

一緒に育児グッズの買い出しに行くのも嫌々でしたし、少しでも興味を持ってもらおう

「どっちが良い?」

と品定めの質問をしても、

「分からない」

「どっちでもいい」

と関心がないようでした。

 

しまいには、スマートフォンのゲームにハマり、毎日暇さえあればゲーム。

食事の時もゲームしながらでした。

 今までもお互いに急用じゃない限り、食事の時はスマートフォンを触らない約束だった

のに約束を破るようになりました。

 

父親、母親教室がある日も

「人に会いたくない」

の一点張り。

結局、一度も教室には参加してくれませんでした。

 

入院病棟の見学に行った際も

「早く帰りたい」

「ゲームしたい」

と全く興味なしでした。

周りのご夫婦は、仲睦まじそうに入院までの流れを聞きいっていましたが、夫の子供のような態度に正直呆れました。

 

健診時に帝王切開での即日入院が決まりましたが、書類にサインしただけで

「頑張って」

の言葉もなしに帰宅。

翌朝も

「産まれたころに行く」

とまるで他人事でした。

妻がこれから自分の子供を産もうと頑張っているのに、心配一つしてくれずに悲しかったです。

産後も帝王切開になった私に

「楽して産んだ」

と。

体格的に帝王切開になりどうしようもないことなのに、どうして人を傷つけることしか言えないのか、とこの一言には泣くしかありませんでした。

私よりも10歳以上も年上なのに肝心な時に頼れない夫に失望。

 

マタニティブルーではなく、パタニティブルーなんて言葉もあるようですが、夫はその症状だったのでしょうか?

この言葉の知名度がもう少し上がると、これから父親になる方の不安も少なくなるかもしれませんね。

 子供が産まれて随分と時間が経ちますが、夫は未だに通院して鬱病の薬を飲んでいます。

f:id:akasuguope02:20160216174307j:plain

著者:湘南にゃんこ
年齢:28歳
子どもの年齢:2歳

毎日、家事育児に奮闘しています。趣味は、風景や子供の写真を撮ること。色々とお出かけできる年齢になってきたのでたくさんの経験や思い出を作ってあげたいですね。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。