妊娠・出産・育児の情報サイト


出産時のいきみすぎが原因?なかなか治らない尿漏れに、外出もままならず…

f:id:akasuguope03:20150922080858j:plain

今まで尿が漏れたこともなかったし、妊娠中に膀胱炎になることもなかったので、まさか自分が産後に尿もれに悩まされるとは思っていませんでした。

 

予定日から10日遅れてに、全くお産の兆候がなかったので陣痛促進剤を打っての出産でした。

いきなり3分おきの陣痛から始まり、無痛分娩の予定だったので陣痛の間隔が短くなってきたところで麻酔を打ちました。

陣痛の痛みが軽減したためか、助産婦さんに言われたタイミングでいきむのが難しかったです。

産後尿漏れの症状が出てきたときに、看護婦さんにいきみ過ぎたからだと言われました。

 

尿漏れの症状は、出産した次の日に気づき、病室のベッドからトイレに行く前に我慢ができず漏れてしまいます。

病室が乾燥していたので、せき込むことがあったのですが、せきをするたびにも漏れていました。

産後1週間経過して悪露の量が徐々に減ってきたころでも、失禁の症状は変わりませんでした。

 

産後すぐと比べれば症状は軽減されましたが、退院後3週間経っても家の中でくしゃみをするとき、階段を下りるときに下着が濡れていました。

産後の1ヶ月検診で症状を説明し、

「出産で筋肉が緩んでいるけど、徐々に良くなっていくこともあるから様子を見ましょう」

と言われただけでした。

 

自分でコントロールできないので外出するのも怖くて、ほとんど一日中、家の中で育児をしながら毎日生活するしかなかったです。

検診で言われた通り、3ヶ月経ったときには失禁の量は減ったのですが、腹圧がかかることをすると漏れることには変わりないので、外出できないのが一番の悩みでした。

 

婦人科と泌尿器科が両方ある病院で診察してもらったところ、緩んだ筋肉を戻すトレーニングと、電気で筋肉を刺激する治療を始めることになりました。

トレーニングは家でもできる簡単なものなので、時間があるときに実践するようにしています。

電気での刺激は効果は分かりませんが、総合的に見て少しずつ改善しているような気がします。

 

2人目の妊娠が発覚したときに、失禁が悪化するかもしれないと言われたのでトレーニングを続けるようにしています。

f:id:akasuguope02:20160217032854j:plain

著者:さき
年齢:32歳
子どもの年齢:11ヶ月

2014年10月に第一子の女の子を出産しました。妊娠中は、つわりもなく順調に妊娠後期まで進みましたが、予定日を10日遅れで誘発剤を使いながらの難産でした。毎日慣れない子育てに奮闘しながら、現在第2子を妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。