ゼクシィBaby みんなの体験記


「メンタル系の既往歴がある人は当院では分娩できません」 まさかの転院トラブルで、お腹を抱えて産院探し

f:id:akasuguope02:20160222212313j:plain

妊娠したらどこで検診を受けて、どこで産むか。

事前にきちんと情報収集をし、予定通り進むママも多いとは思いますが、逆に途中で転院したり、大きいお腹で産院探しをしたりという方もけっこういるのではないでしょうか。

 

わたしは、妊娠初期から出産までの間に、3カ所の病院にお世話になりました。

最初に通ったのは、自宅から徒歩数分の小さな産婦人科

当時は夫と入籍に向けて準備をしていて、生理が遅れて検査薬も陽性は出たものの、自覚症状もほとんどない頃。

まだ一人暮らしをしていたわたしは、風邪で内科にかかる時のように、検索した最寄りの医院に徒歩で行きました。

婦人科の検診は受けたことがあったのと、親しみやすいおばあちゃん先生だったおかげで、気構えすぎることなく受診終了。

エコーの機械がおそらくかなり古く、ノイズで音が割れてはいましたが、心音を聞かせてもらいました。

 

結婚後は夫と住むため他県へ転居することが決まっていたので、早い段階から転居先での産科を調べ始めました。

検診だけでなく出産に対応していて、通うのが簡単で…と絞り込んでいく過程で、「分娩予約は○週まで」と、早い段階での予約が必要であることを知りました。

予約期間は病院によってまちまちで、16週を超えないとできないところ(安定期に入ってから、ということなのでしょうか)や、逆に24週まで、というところもありました。

 

転院先に選んだ病院も、分娩予約は28週まで。

転居してからの手続きではあわただしいと思い、最初の病院の先生に相談して紹介状を書いていただき、電車を乗り継いで手続きに行きました。

この病院は最初の医院とは打って変わって、大きな総合病院。

ネットでの評判もよく、ここで出産まで…と思って行ったのですが、なんとこの病院で分娩予約を断られてしまいました。

理由は、問診票の既往症欄。

わたしは妊娠前に仕事のストレスで体調をくずし、メンタルクリニックに通院したことがありました。

治療は終了していたのですが、問診票にあった「過去○年以内に」の期間に含まれるため念のためチェック。

すると、問診してくださった先生が言いにくそうに「申し訳ないですが、メンタル系の受診歴がある方は、妊娠で具合がわるくなることがあるので、当院では分娩ができません。専門のケアができる病院をご紹介します」と。

紹介されたのは、新しい住所から電車を3回乗り継いで1時間以上かかる総合病院でした。

その日は、腹部エコー赤ちゃんが元気であることを確認してもらったのみで帰宅。

帰り道はショックで呆然としていました。

 

結局、紹介してもらっても通いきれないと判断し、通える範囲の産院を再度調べ直すことに。

乗り継ぎ1回、片道30分程度で通える別の病院が見つかり、急いで電話しました。

最初の病院で書いてもらった紹介状も開封してしまったため、事情を話してもう一度書いてもらい、ふたたび電車を乗り継いで手続きへ。

分娩予約の期限も近く、「ここでも断られたらどうしよう…」と非常に緊張しながらの相談になりましたが、無事に転院することができました。

こちらの病院は個人経営ですが、設備などはかなり新しく、4Dエコーを撮ってくれたりソフロロジーの講習があったりと、サービスも充実していました。

駅から近くて通いやすく、出産までの間に助産師さんたちともある程度顔見知りになる規模だったので、安心感も◎。

産後の入院中に一緒だったママさんとは今でも仲良しだったりと、結果としてはこの病院に転院して大正解だったのでした。

 

でも、思い出すだけでも…「分娩予約を断られた」のは大ショックでした。

こんなケースもあるので、こと病院選びに関しては、早め早めの情報収集と行動が大切だと思いました。

f:id:akasuguope02:20151221182134j:plain

著者:kinoko
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳

ワーカホリック状態の20代を経て、30代半ばで育児ワールドへ。これまでの常識を毎日覆されながら、子どもと一緒に成長中…だといいなあ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。