妊娠・出産・育児の情報サイト


「赤ちゃんが痩せすぎて死んじゃう」小さめベビーなのに授乳も難航、焦りでパニックに

f:id:akasuguope03:20150920194226j:plain

私も旦那も3,000グラムほどの平均的な体重で生まれてきました。

私が妊娠したときはお医者さんから

赤ちゃんは少し大きめかもしれないね。あなたは小柄だからあまり大きくなると産むのが大変になってしまうから、早めに産んだほうがいい」

と言われていました。

私は始めての妊娠だったので、大きくなりすぎて難産だったら嫌だなとビクビクしていました。

 

それからのエコーでもずっと大き目の赤ちゃんと言われていました。

お医者さんからは

「なるべく安産でいられるようによく動いてね!お腹が張ってもやめないで!」

と言われました。

私は言われるままに散歩や雑巾がけなどをやっていました。

 

予定日ピッタリに赤ちゃんを産んだのですが、驚いたことに赤ちゃんは2664グラムと小さめでした。

エコーは大体の大きさしかわからないから誤差はあると聞いていましたが、こんなに小さいだなんて驚きました。

そしてとても弱よわしく見えたんです。

 

2日目には更に体重は少し減り2576グラムになってしまいました。

他の赤ちゃんと比べても、頼りない感じに見えてとても心配でした。

「早くおっぱいを飲んでもらって大きくしないと」

と焦りましたが、あまりすぐにはおっぱいは出ませんでした。

 

今思うと親孝行な赤ちゃんでよく眠っていたのですが、おっぱいの最中で眠られるとハラハラしました。

「早くいっぱい飲んで大きくならなくちゃいけないのに、寝ている場合じゃないよ!」

と思っていました。

しつこく飲ませ続けてようやく一安心と思ったときに、赤ちゃんき込んで飲んでいたものを全て吐いてしまったときは本当に落ち込みました。

初めての育児で余裕が無かったのかもしれませんが、

「どうしよう、赤ちゃんが痩せすぎて死んじゃう」

と思って泣き出してしまいました。

 

私が立ち直れたのはやはり周りのサポートです。

看護師さんや両親や旦那のあたたかい言葉に救われました。

それと機嫌よさそうにしている赤ちゃんの表情に癒されて、大丈夫だよねと思えたのかもしれません。

 

私の性格は神経質ではなくむしろ大雑把なほうですが、出産を機にこんなに一つのことで悩んだりするのかと驚きました。

親の心配は赤ちゃんに伝わると聞くので、なるべく落ち着いて子育てをしていきたいと思っています。

f:id:akasuguope02:20160302123808j:plain

著者:satimomoka
年齢:27歳
子どもの年齢:1歳4カ月

小さな頃からお母さんになることに憧れていました。25歳で結婚してすぐに妊娠して出産しました。私に似た食べることが大好きな女の子です。趣味は料理とお菓子作りとパン作りです。よろしくお願いします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。