妊娠・出産・育児の情報サイト


産後のお通じ…会陰切開をしたところが痛んでいきめず痔に、さらに便秘で大ピンチ!

f:id:akasuguope03:20150920160548j:plain

予定日ピッタリに女の子の赤ちゃんを出産しました。

私は破水から始まった出産だったので浣腸はしていません。

そのためか出産した翌日にはうんちがしたくなってしまいました。

でも会陰切開をした場所がとても痛く、いきむと縫ってある糸が取れそうで怖くて(実際そんなことは無いと思いますが)、我慢していました。

 

すると毎日健康チェックにに来てくれる看護師さんに

「お通じがまだないのね、もしかして我慢してる?」

と聞かれました。

私は正直に、したいけれど痛くて怖いので我慢していると伝えました。

看護師さんは

「気持ちは分かるけれど、我慢していたらお腹でうんちが固くなってもっと出すときに辛いことになるよ。薬を持ってくるから飲んでね」

と言って液体の下剤をくれました。

10滴ほど水に入れて飲むのですが、とても弱い下剤で効果が出るのに6時間ほどかかるそうです。

私の場合は弱すぎたのか6時間経っても特に効きませんでした。

それでも看護師さんの『我慢しているともっと辛いことになる』という言葉が頭に残っていたので、観念してトイレへ行きました。

母子同室だったのですが時間がかかることを見据えて、赤ちゃんを預かってもらいました。

 

いざ、頑張ろうと思っても強くいきむことができませんでした。

悪露の量も多かったので便器が血だらけになりました。

なんとか少し出したのですが、やはり固くなっていてお尻が少し切れてしまいました。

人生始めての切れです。

恥ずかしかったです。

 

退院してからは更に便秘になってしまい、長時間トイレでいきんでいると会陰切開した場所がヒリヒリして腫れて、とても痛くなってしまいました。

そしてお腹はカチカチになりうんちも出なくなってしまい、本当にどうしようと思いました。

立ち上がれないくらい痛みが増していきます。

里帰りしていたので、家にいた父にすぐに薬局で浣腸を買ってきてもらいました。

でも始めての浣腸は自分で上手にできずに何度も失敗してしまいました。

その時は自分がとても情けなく思えて涙が出ました。


結局浣腸は上手くいかずに下剤を飲んで出すことになりました。

しばらく切れは続きましたが、会陰切開の傷が治るにつれて上手にいきめるようになり、治っていきました。

 

 

f:id:akasuguope02:20160302123808j:plain

著者:satimomoka
年齢:27歳
子どもの年齢:1歳4カ月

小さな頃からお母さんになることに憧れていました。25歳で結婚してすぐに妊娠して出産しました。私に似た食べることが大好きな女の子です。趣味は料理とお菓子作りとパン作りです。よろしくお願いします

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。