妊娠・出産・育児の情報サイト


もう次の「あと1週間待って」はない…上の子を抱きしめて泣いた、稽留流産の診断

f:id:akasuguope03:20150921110626j:plain

ひとり目を出産した後、32歳だった私は、できるものならすぐにでも、次の子が欲しいと思っていました。

3人子どもが欲しかったので。

 

ひとり目の子を母乳で育てている間、一度も生理が来なかったので、次の妊娠への準備もあり、一年間で母乳を止めました。

断乳ですね。

けれど母乳を止めて1カ月しても生理が来ず、多少の焦りもあったので、産婦人科に行きました。

そこでなんとなんと妊娠していたのでした!

まさかの「生理来ず妊娠」です。

週数にしてまだ5~6週、着床ほやほやでした。

望んでいたし、嬉しいのだけれど、その時は驚きの方が大きく、ふわふわした気持ちで帰ったのを覚えています。

主人はとても喜んでくれ、1歳の娘はなんのことやら分からないご様子。

 

それからお盆休みを挟んでの検診は3週間後となり、遅くともこの回で、心拍確認となるはずでした。

この3週間ですっかり妊娠モードになった私は、気持ちの整理もつき、心から喜んでいました。

体もほてっていたり、少し気持ち悪かったり、だるかったりしていたので、妊娠している実感が湧いていました。

 

検診の日も、何の疑いもなく

「今日は心拍確認できる~♪」

とウキウキしていた私は、連れて行った上の子をお腹に乗せたまま、診察台で足を開いたのでした。

先生は念入りに、念入りに見ていましたが、心拍が確認できず。

大きさも3週間経ったにしてはやや物足りない感じ。

あと1週間待ってみようということになりました。

なんだかモヤモヤ、考えてしまう1週間。

 

検診の前日、ややピンクがかったおりものが出て、不安がよぎりました。

電話で伝えるとすぐに来るように言われ、また上の子と一緒にいそいそと、ドキドキしながら向かいました。

頼むから無事でいてと願いながら。

 

けれど、

「残念ながら心拍確認できず、胎児の大きさも変わらずです。早めに手術で摘出しましょう」

稽留流産と診断されました。

もう次の「あと1週間」はなかったのです。

ふたり目だったし、目の前に上の子もいるし、しっかりしなくちゃいけないのだけれど、涙が溢れて止まりませんでした。

上の子を抱きしめながら泣きました。

もう手術しなくちゃいけないのか、あと1週間待てないか、あまりの展開に気持ちが追いつきません。

 

私の何かがいけなかったんでしょうかと先生に聞くと、即座に

「そんなことはない、これはよくあることなんだ、自分を責めちゃいけないよ」

と優しい目で言われました。

 

「なるべく早い方がいい」

という手術は、5日後に決まりました。この5日間が、とてつもなく辛かったです。

いまだ妊娠モードの体がここにあり、お腹の中にはまだ、いて、ただでさえ気持ちも沈

みがちな時期に、受け容れがたい事実。

やはり責めるべきは自分になり、泣いて泣いて暮らしました。

主人は微塵も私を責めることはありませんでした。

 

手術の日も、早く済ませてしまいたいような、永遠に始まらないでほしいような、複雑な思いでした。

初めての全身麻酔で眠りにつくと、目が覚めたときにはすっかり終わっていました。

麻酔のフワフワ感が完全に抜けた次の日、驚くほど体が軽くなっていたのです。

これは体重の話ではなくて、妊娠モードが完全に終わったことを実感した、という感じです。

体のだるさが一気に抜け、ほてりもなく、不快感もない、まさにすっきりしているのです!

おかげで心も沈みきらずに済み、やっとこの事実を理解し、受け容れることができました。

 

先生の、

「妊娠しやすい状態だから、諦めないで」

という言葉どおりに、半年後再び妊娠し、今度は無事に出産できたのでした。

f:id:akasuguedi:20160311133623j:plain

著者:こぶ
年齢:35歳
子どもの年齢:0歳10カ月、3歳2カ月

ふたり姉妹の母です。 雨の日に、下の子を抱っこしたままカッパ着て、上の子を自転車の後ろに乗せて、坂道をのぼる私。ママがんばれーなんて言われて。気づけばどっぷり子育て中なのだ。そんな今が好きです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。