妊娠・出産・育児の情報サイト


おしるしって「あと数日で産まれる」じゃないの?まさかの勘違いで陣痛のなか外出

f:id:akasuguope03:20150920193422j:plain

出産の前兆のおしるしを勘違いして、大変なことになってしまいました。

おしるしというのは少量の出血があって、それから2日から7日以内くらいに出産するものだと信じていました。

なので、妊娠37週目のある朝、トイレに行って少量の出血を見た時もそれほど慌てませんでした。

いつもよりも強い張りや痛みを感じても、いよいよ前駆陣痛が来たかと思っただけでした。

まさか、そのまま出産になってしまうなんて予想もしませんでした。

 

初産で、臨月に入っても子宮は硬く閉じられたまま。

検診の度に医者が渋い顔をしながら、このままじゃ出産が予定日より遅れる遅れると言われていたので、まさかおしるしから出産コースに行くとは思いませんでした。

出血を見ても、

(ふふん、どうだ、予定日より前に生まれちゃうかもよ)

とお医者さんにドヤ顔をする用意までありました。

あと数日は猶予があるから…と、それまでに観ておきたいDVDや食べたいものを脳内リストアップまでしていました。

 

とりあえず、おしるしがあった当日は友人と遊ぶ予定があったので、少し強いお腹の張りに若干不安を感じながらも、これは前駆陣痛だと言い聞かせて出かけて行きました。

しかし、その張りは前駆陣痛ではなく、本番でした。

時間の経過とともに痛みは強くなり、出血も増えてきました。


痛みの間隔自体は15分おきで、狭くならなかったので、これは前駆陣痛だと言い聞かせていました。

とはいえ、どんどん強くなる痛みに我慢が出来ず、友達と早めに別れて、陣痛陣痛の合間になんとか動いて帰宅し、たまたま家にいた夫に病院に連れて行ってもらい、そのまま出産しました。

 

もし、夫が家にいなかったら、帰る途中で破水してしまったら、痛みがさらに強くなって帰宅途中で動けなくなってしまったら…と思うとぞっとします。

駅のホームで椅子に座ってお腹を抱え、歯を食い縛って痛みを堪えていた時、近くにいた年配の女性のぎょっとした顔が忘れられません。

 

今となってはなぜ、おしるしから暫く出産まで猶予があると思いこんでいたのか謎です。

f:id:akasuguedi:20160309214902j:plain

著者:ぽよん
年齢:32歳
子どもの年齢:1歳4ヶ月

餡子が大好きです。特に濾し餡派です。大福もお団子もオハギも濾し餡一択。濾し餡の鯛焼きが無くて鯛焼きメーカーを買って自分で濾し餡の鯛焼きを作るくらい大好きです。なんでこんなに美味しいのかしら。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。